読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

城東病院総合内科 ブログ

東京城東病院総合内科の非公式ブログです!

ジャーナル流し読み 2017年1月23日 抗CD20抗体の多発性硬化症への効果

多発性硬化症の慢性期のコントロールインターフェロンβが第1選択。

https://www.neurology-jp.org/guidelinem/msgl/sinkei_msgl_2010_06.pdf

 

しかし今回NEJMに多発性硬化症に対する抗CD20抗体のstudyが掲載されたので少し眺めてみた。

http://www.nejm.org/doi/full/10.1056/NEJMoa1606468

Ocrelizumab versus Placebo in Primary Progressive Multiple Sclerosis

 

P  1次進行性多発性硬化症患者

I Ocrelizumab 600mgの静注を24週間毎

C プラセボ

O 12週の地点で障害の進行が起こる患者の割合time-to-event analysis

 732人を介入群とプラセボで2:1に割り付け

少なくとも120週までは投与し、さらに一定の数まで障害の進行が起こるまで投与

 

結果

●12 週の時点で障害の進行が起こった患者の割合

Ocrelizumab   32.9%   プラセボ  39.3%(hazard ratio, 0.76; 95% confidence interval [CI], 0.59 to 0.98; P=0.03) ⇒ NNT:15.6

 

29.6% with ocrelizumab versus 35.7% with placebo 

●24週の時点で障害の進行が起こった患者の割合

Ocrelizumab   29.6%   プラセボ  35.7%(hazard ratio, 0.75; 95% CI, 0.58 to 0.98; P=0.04)

⇒NNT :16.3

 

f:id:jyoutoubyouinsougounaika:20170123062731p:plain

 

 

MRIで評価した脳の体積もOcrelizumabのほうが良い傾向

f:id:jyoutoubyouinsougounaika:20170123062904p:plain

 

 

 

 

http://www.nejm.org/doi/full/10.1056/NEJMoa1601277

Ocrelizumab versus Interferon Beta-1a in Relapsing Multiple Sclerosis

P   再発性の多発性硬化症(18-55歳)

I   Ocrelizumab 600 mg を 24 週ごとに静注

c  インターフェロンβ-1a 44μg を週 3 回皮下注

O 再発性硬化症の再発率

2つの独立したフェーズ3studyをOcrelizumab821人、インターフェロン835人に割り付けした。

 

●年間再発率

Trilal 1   Ocrelizumab:0.16    インターフェロン:0.29  (46% lower rate with ocrelizumab; P<0.001)

Trial  l 2  Ocrelizumab:0.16    インターフェロン:0.29  (47% lower rate with ocrelizumab; P<0.001)

 

●12 週の時点で障害の進行が確認されている割合

 Ocrelizumab:9.1%   インターフェロン:13.6%(hazard ratio, 0.60; 95% confidence interval [CI], 0.45 to 0.81; P<0.001)

 NNT:22

 

●24 週の時点で障害の進行が確認されている割合

 Ocrelizumab:6.9%   インターフェロン:10.5%(hazard ratio, 0.60; 95% CI, 0.43 to 0.84; P=0.003)

NNT:27

 

f:id:jyoutoubyouinsougounaika:20170123065559p:plain

 

 

●副作用

Serious infection occurred in 1.3% of the patients treated with ocrelizumab and in 2.9% of those treated with interferon beta-1a.

Neoplasms occurred in 0.5% of the patients treated with ocrelizumab and in 0.2% of those treated with interferon beta-1a.

あまり大きな副作用の違いは両群でなさそう。

f:id:jyoutoubyouinsougounaika:20170123065801p:plain

 

 

https://www.neurology-jp.org/guidelinem/msgl/sinkei_msgl_2010_06.pdf

神経内科ガイドラインでも再発性多発性硬化症患者ではインターフェロンβが適応。

ただし、1次性進行性多発性硬化症ではインターフェロンの効果は乏しいとのこと。

しかし、抗CD20抗体はどちらにも効果があるかもしれない。

これから追試が必要だが、多発性硬化症パラダイムシフトが迫っているのか。