読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

城東病院総合内科 ブログ

東京城東病院総合内科の非公式ブログです!

心血管リスクがある患者へのACE-Iの効果

EFFECTS OF AN ANGIOTENSIN-CONVERTING–ENZYME INHIBITOR, RAMIPRIL,

ON CARDIOVASCULAR EVENTS IN HIGH-RISK PATIENTS

 

チェックシート

http://caspjp.umin.ac.jp/caspjpe/page55/files/RCT21j.pdf

 

 

A この試験の結果は信頼できるか

①その試験は焦点が明確な課題設定がされているか⇒はい

患者:

心血管リスクのある55歳以上の患者

f:id:jyoutoubyouinsougounaika:20160629110332p:plain

 

介入:

I:ACE-I

C:プラセボ 

f:id:jyoutoubyouinsougounaika:20160629110347p:plain

 

転帰

 AMI、脳梗塞、心血管死亡の複合エンドポイント

f:id:jyoutoubyouinsougounaika:20160629110358p:plain

 

 

A②その試験は設定された課題に答えるための研究方法がとられているか?

 

f:id:jyoutoubyouinsougounaika:20160629110410p:plain

妥当性あり

 

 

A③ 患者はそれぞれの治療群にどのように割り付けられたか?

 

f:id:jyoutoubyouinsougounaika:20160629110544p:plain

 

 

両群で大きな違いない

 

f:id:jyoutoubyouinsougounaika:20160629110557p:plain

 

⇒ビタミンEとの2×2表で層別化されてる

 

 

 

A④研究対象者、現場担当者、研究解析者は目隠しされている?

f:id:jyoutoubyouinsougounaika:20160629110623p:plain

 

 

A⑤研究にエントリーした研究者が適切に評価されたか?

 

 

f:id:jyoutoubyouinsougounaika:20160629110632p:plain

f:id:jyoutoubyouinsougounaika:20160629110646p:plain

適切に評価されている

 

 

 

A⑥研究対象となった介入以外は両方のグループで同じような治療がされていたか?

 

f:id:jyoutoubyouinsougounaika:20160629110658p:plain

特に差はない

 

 

A⑦その研究のための対象患者数は偶然の影響を小さくとどめるのに十分な数か?

 

 

f:id:jyoutoubyouinsougounaika:20160629110711p:plain

 

数は足りている

B結果は何か?

B⑧a 結果はどのように示されたか? 

 

primary outdomeはラミプリル群で有意に発生率が低い。NNTは26

 

f:id:jyoutoubyouinsougounaika:20160629110728p:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

心不全もラミプリル群で少ない

f:id:jyoutoubyouinsougounaika:20160629110747p:plain

 

 

 

 

 

 

 

副作用

 

咳はラミプリルで確かに多い、

 

 

 

 

Cその結果はあなたの現場で役に立つか?

ACEが心血管リスクのある患者の予後を改善することはほぼ確からしい。

ただ少量ACEで副作用がある患者は除外されている。

実際に少量ではじめてみて、問題なければ始めるのでこちらは問題なし。

咳嗽に関しても可逆性なので問題にはならないだろう・・