城東病院総合内科 ブログ

東京城東病院総合内科の非公式ブログです!

Community Hospital General Internal Medicine

かの有名な松村先生の記事を見つけました。

http://www5f.biglobe.ne.jp/~osame/omoukoto/224wa-sono-4-jiai-kennshuu-bennkyoukai/224wa-sono-4-tsuiki.htm

 

そこの下記のような記載を見つけました。

地方都市の小さな病院なので、限界も多い。専門的掘り下げも不十分だし、興味ある症例にも事欠く。だが、ありふれた病気への暴露は、昼夜を問わず豊富だ。問診と理学的診察と簡便な検査を重視し、迅速な診断と治療の開始を心がける。若い医師たちは、肉体の酷使を要求され、ひとを配慮することを習慣づけさせられる。入・退院や検査の適応を厳しく吟味し、医療の費用や効率に対する感覚を身につけさせる。蚊をやっつけるのに大砲、像を打つのに吹き矢といったアンバランスを除き、我流に流れない医療を目指す。時には治療しない勇気もいることをわかりあう。これらはいずれもベッドサイドで執拗に点検、確認するので、主治医の思いつきの乱発や臭いものにフタの風潮は許されない。ガラス張りのチーム医療の下では、知識・技術だけでなくベッドサイドマナーの多くも、世代間の伝達事項となりうる。ハイカラにいえば、 Community Hospital General Internal Medicine となる。ちなみに、知識の情報源は原則として英語とし、教科書は少なく、雑誌を多くする。

 

地方都市の小さな病院なので、限界も多い。専門的掘り下げも不十分だし、興味ある症例にも事欠く。だが、ありふれた病気への暴露は、昼夜を問わず豊富だ。

→ここはまさに東京城東病院総合内科の現状のようでした。

 

ハイカラにいえば、 Community Hospital General Internal Medicine となる。

→Community Hospital General Internal Medicine。。いい言葉ですね。。当院の総合内科が目指す方向性もこれに近いのかもしれません。