城東病院総合内科 ブログ

東京城東病院総合内科の非公式ブログです!

Wide QRS tachycardia 上か下か

f:id:jyoutoubyouinsougounaika:20170323052413p:plain

 

昨日は当院の循環器内科をやっていたレジデントのレクチャーがありました。

Wide QRS tachycardiaがあったときに、上室性由来かVTかは悩ましいと思います。

 

基本原則は。。

・血行動態が不安定 or 心機能が不良なWide QRS tachycardiaは心室性として扱う
・悩ましければATP使用して改善あれば上室性 改善なければVT

 

そしてECGから上室性 or VTを鑑別するにはどうしたら良いかという話になりました。

 

 

基本は下記のブルガダアプローチ。

これに則って考えました。

f:id:jyoutoubyouinsougounaika:20170323052807p:plain

 

 

 

 

 
 
前胸部誘導でRSパターンがなければVT

RSコンプレックスがなければVTといえますが、あってもVTではいえないことに注意です。

 f:id:jyoutoubyouinsougounaika:20170323053058p:plain

f:id:jyoutoubyouinsougounaika:20170323053120p:plain

f:id:jyoutoubyouinsougounaika:20170323052906p:plain

 

 

 

 

 
前胸部誘導でRSパターン>100msecか ⇒幅広ければVT

f:id:jyoutoubyouinsougounaika:20170323053312p:plain

 

 

 

 

 

房室解離があるかどうか!!!⇒房室解離があればVT

f:id:jyoutoubyouinsougounaika:20170323053727p:plain

この青矢印のところはP波にあたります。つまりP波と、全くバラバラに心室から波形が出ていることを示している⇒房室解離

 

 

 

上記3つの所見が基本です。

最後のブルガダアプローチの項目が、VTに特徴的な波形があるかですが。。

こちらは、正直少し難しく感じます。

 こちらの図が分かりやすいので一応、貼っておきます。

ECG Rhythms: Aberrancy

f:id:jyoutoubyouinsougounaika:20170323060707p:plain

 

  

他に特徴的な所見として。。

 

 

心室捕捉があればVT

下記のようにたまたま、P波が心室に届いた場合一時的に正常なnarro QRSの波形がでます。これを心室捕捉と言います。これがあればVT

f:id:jyoutoubyouinsougounaika:20170323054012p:plain

 

 

 

融合収縮があればVT

f:id:jyoutoubyouinsougounaika:20170323054256p:plain

一番最初のnarrow QRSは心室と上室性の波形が融合している。 続くnarrow QRSは心室捕捉

 

 

V1~V6誘導のQRSが同じ方向を向いている(concordant)⇒VT

f:id:jyoutoubyouinsougounaika:20170323054504p:plain

前胸部誘導でPositive concordance 

 

f:id:jyoutoubyouinsougounaika:20170323054513p:plain

前胸部誘導で NEGATIVE concordance 

 

 

 

下記のページは非常にまとまっています。ご一読を。

lifeinthefastlane.com

 

 

 

とはいえ、あくまで目安なので。。。

原則は、疑わしければ罰する。

つまり、よく分からないWide QRS tachycardiaは心室性として扱うのが妥当かと思われます。