コミュニティホスピタリスト@東京城東  

総合内科と家庭医療を融合させたコミュニティホスピタリストを目指しています!!!

コミュニティホスピタリスト @東京城東 とは

皆さん。

こんにちは。

コミュニティホスピタリスト @東京城東ブログです。

私たちは、東京江東区の東側、城東地区のコミュニティホスピタルで総合診療医として働いています。
2025年にむけて、国は地域包括ケアシステムを推進しています。
地域包括ケアシステムでは、急性期病院と在宅とのシームレスな連携が不可欠です。
当院のようなコミュニティホスピタルは、これからの地域包括ケアシステムにおいて中心的な役割を担います。
在宅診療所の信頼できるパートナーとして、困ったときのお手伝いをさせていただきます。
急性期病院の信頼できるパートナーとして、post Acuteを請け負います。
急性期の内科病棟診療、外来での診断学、継続的な外来フォローなどの総合内科的な能力は言うまでもなく、BPSモデル、リハビリ、緩和ケア、栄養など家庭医療的な能力も必要です。

地域包括ケア病棟の運用における業界のトップブランドを目指します。

総合内科と家庭医療が融合したコミュニティホスピタリストのロールモデルを一緒に目指しませんか??

 

京城東病院 総合診療科チーフ  森川暢

 

f:id:jyoutoubyouinsougounaika:20180212101054j:plain

f:id:jyoutoubyouinsougounaika:20180212101058j:plain

f:id:jyoutoubyouinsougounaika:20180212101102j:plain

f:id:jyoutoubyouinsougounaika:20180212101105j:plain

f:id:jyoutoubyouinsougounaika:20180212101108j:plain

f:id:jyoutoubyouinsougounaika:20180212101111j:plain

f:id:jyoutoubyouinsougounaika:20180212101114j:plain

f:id:jyoutoubyouinsougounaika:20180212101117j:plain

2019年度 JCHO東京城東病院 総合診療プログラム募集 

 

JCHO東京城東病院総合診療プログラム

 

 

これからの時代に真に必要とされる総合診療医とはなんでしょうか??

病院でも診療所でもオールラウンドに活躍できる、これからの時代に真に必要とされる総合診療医を育成します。

 

 

①病院総合診療研修

東京のコミュニティホスピタルで地域を意識した病院総合診療研修をいます。

地域包括ケア病棟では、緩和ケア・リハビリ・多職種連携についても実践で学ぶことが可能です。

地域包括ケア病棟では、じっくりと時間的余裕があるなかで高齢者のトータルマネージメントを行います。

小規模病院で地域を見る目を養うことが可能です。 

 

②総合内科研修

徹底的に総合内科研修を行います。

京城東病院総合内科では、コアレクチャー、ジャーナルクラブなど教育的なカンファレンスを毎週行っています。

指導医のもと徹底的に内科的な基礎力を身に着けます。

 

 

③教育診療所での家庭医療研修

北海道家庭医療学センター、福島県医大地域・家庭医療学講座など家庭医療において伝統がある教育診療所において徹底した家庭医療研修を1年間行います。

家庭医療指導医により徹底的なフィードバックと実践的な診療所研修により家庭医療の基礎を身に着けることが可能です。

 

④土日は東京を満喫。

当院の研修の中心は東京になります。当院は土日は基本的にはフリーなので、休日は東京を満喫できます。JR総武線は東京の中心地であるお茶の水へのアクセスも良く、亀戸駅周辺には美味しい食事も事欠きません。

 

 

募集期間:専門医機構のスケジュールに準ずる。

定員:2名

期間:合計4年間

待遇:JCHOの規定に準ずる

募集書類:履歴書、志望動機書(特に形式はなし。A4で1枚程度)

 

少しでも興味を持った方はまずは見学を!!!

 見学希望の方は kubota-kana@joto.jcho.go.jp  まで【見学希望】と題名に書いて、名前、所属、医師年数、経歴を銘記してメールをしていただければと幸いです。
見学だけでも大丈夫ですので、気軽においでください。

 

 

【東京城東病院総合内科  プレ後期研修・再研修プログラム】

f:id:jyoutoubyouinsougounaika:20171212172237j:plain

 

【東京城東病院総合内科  プレ後期研修・再研修プログラム】
城東病院総合内科では15人を超える内科後期研修医の受入実績があり、現在も6人の内科研修医が在籍しています。

京城東病院では、専門医制度に乗らない形で独自の内科研修プログラムを提供することとしました。

 

内科研修プログラムには2つのコースを様子していす。

 

①プレ後期研修プログラム

②内科再研修プログラム

 

 ①プレ後期研修プログラム

専門医プログラムを選ぶ前のプレ研修として城東病院での総合内科研修を提供します。

専門プログラムを選ぶ前に内科を一通り勉強したい方にお勧めします。

京城東病院総合内科の教育実績を糧に、屋根瓦式の病棟内科教育を行います。

初診外来と継続外来と外来研修も充実しています。

また2年目以降は合計9ヶ月の院外研修がありますが、基本的に「どこにでも」研修にいくことが可能です。

実際に、来年度は海外に研修で研修する研修医もいます。

 

②再研修プログラム

すでにほかの専門領域で研修をしていた方やプログラムの中断をした方で、再度研修をしたい方向けのプログラムです。

一から内科の基礎を習得することが可能です。

実際に小児科、循環器内科の先生方の再研修を受け入れている実績があり、来年度からは形成外科の先生も受け入れる予定です。

どんなキャリアの方も気軽にお越しください。

 

期間はどちらのプログラムも1-3年とします。研修期間は自由に選択可能です。 

なお2年目以降は、研修生の希望通りの院外研修が可能です。

1年目は城東病院で内科研修をしますが、2年目は3ヶ月、3年目は6ヶ月の院外研修が可能です。

基本的に【どこでも】研修が可能で、 実際に海外やクリニックに研修にいくことも可能です。

 

なお6年目以降の先生に関してはJCHO版病院総合医(Hospitalist)育成プログラムの応募が可能になります。

詳細は下記になりますが、2年間のプログラムでJCHOの認定を得ることができます。

JCHO版病院総合医(Hospitalist)育成プログラム ~平成30年度 研修対象者の募集を開始~ | 独立行政法人 地域医療機能推進機構

 

 

見学希望の方は jotosec@gmail.com まで【見学希望】と題名に書いて、名前、

所属、医師年数、経歴を銘記してメールをしていただければと幸いです。

見学だけでも大丈夫ですので、気軽においでください。

 

 

【当院の後期研修医の感想】

2015年度~2017年度現在まで当院に在籍。 金光陽子先生

。。。

 私は元々将来の専門分野を決めていなかったのですが、初期研修医の間に感染症心不全脳梗塞などいわゆるcommon diseaseと呼ばれる疾患を診る機会や救急対応をする機会が少なく、この先専門分野に進んでいく前にこれらのスキルを強化しておきたいと思い、当院での総合内科研修プログラムを選びました。

 

 当院の研修内容は、主に病棟管理、新患外来、継続外来、救急車対応となっていますが、研修の最大の特長は自分が外来で診た患者さんの主治医として病棟管理ができるところです。外来でアセスメントした後に実際に自分で患者さんを診ていくことで、初期アセスメントが正しかったのかどうかを振り返りながら学んでいくことができ、また退院後に自身の外来でフォローすることもできるため、入院中のアセスメントが長期的に診ても正しかったかどうかのフィードバックを得ることもできます。

 

 当院では後期研修医が基本的に主治医となるため、診療の主役は後期研修医になりますが、もちろん全て一人きりで判断しないといけないわけではなく、悩んだ時には相談できる指導医が常にいます。そして指導医からは、症候学、抗菌薬の正しい選び方から、evidenceに基づいた最新の治療まで、様々な基本的な内科の知識を学ぶことができます。また、徳田安春先生、志水太郎先生、その他総合内科で著名な先生方にも定期的にレクチャーをして頂いています。

 

 また、昨今は医者の時間外労働が問題となっておりますが、当院では月の時間外労働45時間未満を目標に業務改善を先駆けて行っております。患者さんもチームで診ているため、自身が常にオンコールという状況にもならず、比較的生活のon/offがはっきりしている環境となっています。

 

 当院は東京の外れにある小さな病院で、専門内科医がほぼ不在という環境なのですが、そのために総合内科で様々な内科疾患を診ることができ、基本的な内科力をつけるには打ってつけの環境だと思います。将来的に総合診療専門医になりたい方はもちろんですが、ひとまず一般内科のスキルを強化したいという方にも是非お勧めしたい研修です。興味を持たれた方、是非一度見学にいらして下さい。

 

 

 

 

東京城東病院総合診療科 2019年度スタッフ募集

京城東病院総合診療科ではスタッフを募集します!

対  象:平成31年4月1日時点で卒後6年目以上の医師
病院総合診療/家庭医療の経験がある方が望ましいが、内科の資格があればOK

募集人数:若干名


京城東病院総合診療科は独立行政法人地域医療機能推進機構(JCHO)における、総合診療事業のフラッグシップ病院です。

コンパクトな病院ならではの特徴として、総合診療科が病院のメインの診療科として中心的な役割を果たしています。

急性期内科病棟医療だけでなく、初診外来、継続外来と幅広いフィールドで活躍することが出来ます。

内科急性期医療、診断学、EBM、リハビリテーション、緩和ケアと幅広い領域の診療を行っています。

また、オンオフがはっきりしていて比較的学業との両立がやり易い環境になります。

実際に、スタッフも仕事をしながらMPHや社会人大学院など様々な活動も並行して行っています。

特に、家庭医療専門医の先生を歓迎します。

病院での家庭医療の実践についても重要視しています。


申込み方法:
見学だけでも大丈夫ですので、気軽においでください。
kubota-kana@joto.jcho.go.jp  まで【見学希望】と題名に書いて、名前、所属、医師年数、経歴を銘記してメールをしていただければと幸いです。

食欲不振の精査

急性の食欲不振はsick
全身評価する閾値を下げる。
ERに準じた対応を。

慢性の食欲不振では病的な体重減少をチェック。
ダイエット・運動変化なしで体重が減少。

GERDPPIN
食欲が低下している体重減少

 


・器質的疾患=食欲低下の鑑別

G  Gastric(消化管)

E  Endocrine (副腎不全)

R Respiratory (心肺疾患)

D  Drug(NSIADS, ジギタリス, テオフィリンなど)

P  Psycho(抑鬱摂食障害認知症)

P neoplasm(悪性腫瘍)
I Inflammation  (感染症、血管炎など)

N Neuro(神経変性疾患)


①悪性腫瘍
②消化器疾患
精神疾患

⇒これらの鑑別疾患を念頭に、症状や身体診察を確認する。
歯や口腔内の診察は忘れがちなので、欠かさない

抑うつの評価
PHQ-2でスクリーニングして、PHQ-9をする。

 

 

・薬物
NSAIDS、ジギタリス、テオフィリン
抗痙攣薬、血糖降下薬、コリンエステラーゼ阻害薬も。
⇒あらゆる薬が体重減少をきたしうる。

 

・まずやる検査(病歴、身体所見を踏まえて追加)
一般採血、血沈、甲状腺コルチゾール
尿検査
便潜血
胸部Xp
腹部エコー
上部消化管内視鏡

 

外来の食欲不振より、入院中の食欲不振ではスピード感をもって、検査をしなければいけない。

検査やリハビリ介入、栄養介入は、さっさと行う。
検査待ちをしていれば、廃用症候群となる。
リハビリ×栄養が大切。

レジデントノート増刊 Vol.20 No.8 COMMON DISEASEを制する! 「ちゃんと診る」ためのアプローチ

レジデントノート増刊:COMMON DISEASEを制する!〜「ちゃんと診る」ためのアプローチ - 羊土社

 

 

献本御礼
前の職場のBOSSから頂きました。
正直、レジデントノートにこれほどの衝撃を受けたのははじめてです。
私の同僚も書いているものの、基本的には自分の後輩が書いた記事で、大多数はまだ後期研修医の先生が執筆しています。
しかし、私が知らない知識や知見が散りばめられていて、相当に「焦りました。」
焦りを生む本は良い本だと言いますが、この本は相当に焦らされます。
聞くところによると、自分の担当した課題に関して、徹底的に調べ上げてまとめた内容を科内で発表し、さらに磨き上げるという過程をとっていたとか。
そして当然BOSSのチェックも入り、磨きがかかり出来た努力の結晶が、この本だと思います。
正直、本当に勉強になりました。
病院総合医としての本懐は、コモンディジーズの専門家として、徹底的にコモンディジーズを深めることであると改めて襟を正すことが出来ました。
お勧めですので、よろしければ是非。

マニュアルカンファ 尿路感染

f:id:jyoutoubyouinsougounaika:20180807191900p:plain

 

久しぶりにマニュアルカンファを再開しました!
複雑性尿路感染は、男性、解剖学的異常、高齢、免疫不全などがあれば、あてはまる。
膀胱炎というには、尿検査の異常に加えて、膀胱刺激症状(排尿時痛、残尿感、頻尿の3点セット)が必須。
腎盂腎炎では、尿検査異常と膀胱刺激症状に加えて、発熱・悪寒・悪心などを認める。CVA叩打痛の確認と、他に熱源がないことを診察で確認することが極めて重要。
画像検査で腎盂腎炎の診断をすべきではない。
尿路感染の診断にはグラム染色が極めて有用。
腹部エコー、腹部CTは合併症の評価に有用。
ポイントは、尿閉水腎症、膿瘍、気腫。
48-72時間解熱しない尿路感染では画像評価が必須。
気腫性腎盂腎炎、結石性腎盂腎炎は緊急性が高く、泌尿器科コンサルトを常に考える。
腎膿瘍はドレナージが必要で、血沈や画像フォローで抗菌薬治療期間を決定する。