コミュニティホスピタリスト@東京城東  

総合内科と家庭医療を融合させたコミュニティホスピタリストを目指しています!!!

コミュニティホスピタリストを目指したい先生へ。

 

2018年度の新専門医制度における、総合診療の基幹病院として申請をしています。
 

f:id:jyoutoubyouinsougounaika:20170902180024j:plain

f:id:jyoutoubyouinsougounaika:20170902180031j:plain

f:id:jyoutoubyouinsougounaika:20170902180039j:plain

f:id:jyoutoubyouinsougounaika:20170805013337j:plain

f:id:jyoutoubyouinsougounaika:20170805013334j:plain

f:id:jyoutoubyouinsougounaika:20170902180044j:plain

f:id:jyoutoubyouinsougounaika:20170902180049j:plain

f:id:jyoutoubyouinsougounaika:20170902180058j:plain

f:id:jyoutoubyouinsougounaika:20170902180104j:plain

f:id:jyoutoubyouinsougounaika:20170902180111j:plain

f:id:jyoutoubyouinsougounaika:20170902180118j:plain

f:id:jyoutoubyouinsougounaika:20170914142419j:plain

f:id:jyoutoubyouinsougounaika:20170902180124j:plain

f:id:jyoutoubyouinsougounaika:20170805013359j:plain


 

 

見学希望の方は jotosec@gmail.com まで【見学希望】と題名に書いて、名前、
所属、医師年数、経歴を銘記してメールをしていただければと幸いです。
見学だけでも大丈夫ですので、気軽においでください。

 

どうぞよろしくお願いします!

 

*なお、コミュニティホスピタリストは頴田病院の本田院長が提唱した概念です。

頴田病院のプログラムも盛り上がっています!

家庭医療コース|後期研修医|飯塚病院 初期・後期研修医

JCHO東京城東病院総合内科 短期研修プログラム

 

この度東京城東病院では総合内科の短期研修プログラムをはじめました。

対象は以下のような方です。

 

・総合内科医として小規模病院で病棟・外来・救急と全ての分野を同時並行で診療および指導する経験をしてみたい。

・専門科として将来を考えているが、期間限定で内科一般を幅広く勉強する機会を持ちたい。

・将来開業を考えているが、開業前に内科を幅広く勉強したい。

 

城東病院総合内科の特徴は以下になります。

・全ての内科病棟を総合内科が受け持つので、やり甲斐がある。ホスピタリストとしての能力を十分に発揮することが出来る環境

・全ての内科系救急も総合内科が担当している。救急から病棟まで一連の流れで診療可能。

・初診外来/継続外来の指導も出来る。臨床推論やEBM,家庭医療の知識や理論をフィードバックする機会に恵まれている(外来だけに専従するブロックもある)

・東京都内や近郊の勉強会参加や商業誌執筆などの機会が豊富にあり、高いモチベーションを維持しながら臨床できます。

・院外講師が充実しています。徳田安春先生や志水太郎先生が定期的に来院されます。他には上田剛士先生、南郷栄郷先生、坂本壮先生など有名な講師も招聘。

リウマチや感染症の専門的なカンファレンスも行っています。招聘したい講師がいればリクエストが可能。

 

対象者:3年目以降の医師

研修期間:3ヶ月~1年(要相談)

なお、短期研修中の給与についても、当院から可能な範囲でお出しできます。

見学だけでもよいので気軽においでください。


見学希望の方は jotosec@gmail.com まで【見学希望】と題名に書いて、名前、所属、医師年数、経歴を銘記してメールをしていただければ幸いです

 

中西先生レクチャー

レジデントの中西先生が半年の院外研修に行くので、さよならレクチャーをしてくれました!

 

 

23歳男性 咳が止まらない。。

感染後咳嗽?

亜急性咳嗽の原因の半数は感染後咳嗽という報告も

http://journal.chestnet.org/article/S0012-3692(15)52842-0/fulltext

アトロベント(SAMA)も感染後咳嗽に効くかもしれない。

 

Chronic persistent cough: use of ipratropium bromide in undiagnosed cases following upper respiratory tract infection. - PubMed - NCBI

⇒1992年の小規模なRCTのみ 本当に効くのか??

使っている量も添付文章より多い。

自分がpost infectious coughになった時に使ってみたら良くなった!

 

 

感染後〇〇

⇒感染後過敏性腸症候群???

サルモネラ、キャンピロバクタで多い?

とはいえ、自然に改善すると言われている。

対応は機能性腸疾患と同様

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC2721231/

f:id:jyoutoubyouinsougounaika:20170921082629p:plain

CDIも感染後過敏性腸症候群を起こす? しかしCDI再発との鑑別が難しい。。

 

なお整腸剤のエビデンスのまとめは以下

Probiotics for Gastrointestinal Conditions: A Summary of the Evidence. - PubMed - NCBI

f:id:jyoutoubyouinsougounaika:20170921083348p:plain

 

 

 

◯特発性縦隔気腫

肺胞から漏れた空気が縦隔に広がる。

破れる方向が違う? 胸郭側に破れると気胸 縦隔側に破れると縦隔気腫

縦隔、首、後腹膜もつながっている。。

圧がかかったりするときに発症。

今回の症例はバーベルをした若い男性の頚部痛/胸痛

皮下気腫は特異的 

症状を認めるところを、しっかりと触り確認するのが大切

f:id:jyoutoubyouinsougounaika:20170921084039p:plain

http://www.hawaii.edu/medicine/pediatrics/pedtext/s14c07.html

 

 

 

 

◯グルメレクチャー

はらまさ

https://tabelog.com/tokyo/A1309/A130903/13151542/

トリフご飯が最高

 

468

https://tabelog.com/tokyo/A1311/A131102/13035662/

 

ラスフォリーナ 

https://tabelog.com/tokyo/A1306/A130603/13157731/

イタリア的なコスパも良い

 

イバイア

https://tabelog.com/tokyo/A1301/A130101/13159072/

肉が良い

 

ライラ

https://tabelog.com/tokyo/A1308/A130801/13156381/

独創的なフレンチ

 

中華といえば

https://tabelog.com/tokyo/A1312/A131201/13007985/

 

西大島のソバ

https://tabelog.com/tokyo/A1312/A131202/13019925/

 

焼きそば

https://tabelog.com/tokyo/A1310/A131003/13163715/

 

海鮮丼!

https://tabelog.com/tokyo/A1302/A130202/13146590/

 

朝食

https://tabelog.com/tokyo/A1305/A130501/13207721/

広告を非表示にする

潜在性甲状腺機能低下症の高齢者への甲状腺ホルモンの補給について

N Engl J Med. 2017 Apr 3. doi: 10.1056/NEJMoa1603825.

http://www.nejm.org/doi/full/10.1056/NEJMoa1603825#t=article

f:id:jyoutoubyouinsougounaika:20170920084718p:plain

 

 

P 65歳以上で潜在性甲状腺機能低下症の患者(遊離サイロイドホルモンは正常で、TSHが4.60~19.99mIU/L
 
◯除外基準
レボチロキシンを過去に使用
甲状腺薬、アミオダロン、またはリチウムを使用。
甲状腺手術または放射性ヨウ素の使用
重大な病気で過去12ヶ月以内に入院
過去4週間以内の手術
急性冠動脈症候群
終末期
 

I 甲状腺ホルモン投与(TSHで投与量調整)

*50μgで開始 50kg以下・冠動脈疾患がある場合は25μgで開始

C プラセボ

O 

primary outcome:甲状腺機能低症に関する症状のスコア、甲状腺に関連した質問表における疲労度のスコア

 

*なお元々はhard outcomeを予定していたがサンプルサイズが大きくなりすぎたので断念している

 

double-blind  RCT 

ブロック法で割り付けしている

施設、性別、甲状腺ホルモンの開始量で層別化

数もおおむね足りていそう。
modified intention to treat解析。 脱落はそれなりにある。

 

 

f:id:jyoutoubyouinsougounaika:20170920084736p:plain

 

平均年齢は75歳前後

ベースラインは両群で変わりなし

なおTSHの平均値は6.3-6.4前後

f:id:jyoutoubyouinsougounaika:20170920084749p:plain

 

 

 

 TSHのレベルは当然補給したら低下。

しかし臨床的なアウトカムは両群で差はない結果に

f:id:jyoutoubyouinsougounaika:20170920084802p:plain

 

有害事象に関しても明らかな差はない

f:id:jyoutoubyouinsougounaika:20170920084812p:plain

 

◯では実際どうするのか?

潜在性甲状腺機能低下症の治療基準としては(妊娠、挙児希望除く)

Up to dateによると。

TSH>10m U/L ⇒治療

有症状の時はTSHの値と年齢によって治療となっている。

 

f:id:jyoutoubyouinsougounaika:20170920085140p:plain

 

⇒TSHが6.9以下ならば高齢者なら治療を推奨しないとなっている。

 

なおTSH>10で治療するのは有意に心血管リスクが増えるから(下記論文)

JAMA. 2010 Sep 22;304(12):1365-74. doi: 10.1001/jama.2010.1361 

 

 

 

この論文はまさに、平均年齢は75歳前後でTSHの平均値は6.3-6.4前後なので、上記のUp to Dateの推奨では治療をしない群にあたる。

このような患者群では基本的に治療は必要ないかもしれない。

ただ、TSHの平均がもう少し高いと、本論文は適応出来ないかもしれない。
またアウトカムがhard outcomeではない(hard outcomeだとサンプルサイズが大きくなりすぎる)
結局65-70歳以上の高齢者でTSH 7-10前後に関しては基本的には治療はしなくてもよさそうだが、最終的には症状を考慮して個別に決めるしかなさそう。

【総合診療 超集中講義~極める~】

来年度より総合診療専門医が正式に開始されることになりました。
京城東病院は来年度より開始予定の総合診療プログラムの基幹病院として申請をしています。
その名も「コミュニティホスピタリスト育成プログラム」

・総合診療専門医になりたいけど、内科的な基礎力をしっかりとつけたい。
・将来開業をするので、総合診療的な力をつけたい。
・教育的な病院で研修したいけど、オン・オフをはっきりさせたい。
・総合診療専門医に興味があるけど、いまいち良くわからないので話を聞いてみたい。

そんな初期研修医のあなた!
そんな、あなたの為に総合診療プログラムの説明会をします!
あの徳田安春先生と城東病院総合内科指導医の集中講義も聞ける一石二鳥な説明会です。
特に参加費は必要ありません。
初期研修医の皆様のご参加をお待ちしています!

下記より是非参加の登録をお願いします!

toukon1022.peatix.com

 

 

 

【対象】
初期研修医

 

【日時・場所】

日程:2017年10月22日

場所:東京城東病院 3階 第1会議室

【プログラム】
12:30-13:00 開場・受付
13:00-13:50 東京城東病院 総合診療専門研修プログラム説明会
14:00-15:00 極・診断エラー学 徳田安春(群星沖縄プロジェクト)
15:05-15:45 極・糖尿病外来 松本真一(東京城東病院総合内科指導医)
15:50-16:30 極・低ナトリウム 本橋伊織(東京城東病院総合内科指導医)
16:35-17:15 極・めまいのFramework 森川 暢(東京城東病院総合内科チーフ)
17:15-17:30 Round-up

※18:00ごろより懇親会有り(別途 1,000円前後)

【問合せ先】
jotosec@gmail.com京城東病院総合内科秘書 小山

食欲不振に対するコルチコステロイド ジャーナルクラブ

 
 
 

f:id:jyoutoubyouinsougounaika:20170916162923p:plain

f:id:jyoutoubyouinsougounaika:20170916162903p:plain

 
■がん患者の食欲不振に対するコルチコステロイドについて調べた古典的な論文
 
【要約】
目的:コルチコステロイドはしばしば限定的なエビデンスだが癌性疼痛のマネージメントに使用することがある。本研究ではプラセボと比較しコルチコステロイドの鎮痛効果を検証する。
 
患者・方法:オピオイド内服している担癌の成人患者で24時間以内のNRS4以上の患者。患者は7日間、メチルプレドニゾロン(MP)16mg1日2回内服またはプラセボ(PL)内服にランダムに振り分けた。プライマリーアウトカムは7日時点の平均NRS(0 to 10)とした。セカンダリーアウトカムは鎮痛薬の使用(経口モルヒネに相当するもの)、倦怠感、食欲不振(European Organisation for Research and Treatment of Cancer–Quality of Life Questionnaire C30, 0 to 100)、患者満足度(NRS, 0 to 10)とした。
 
結果:計592人の患者が選ばれた。50人を振り分け、47人を解析した。ベースラインのオピオイド使用はメチルプレドニゾロン群で269.9mg、プラセボ群で160.4mgであった。7日時点の評価で両群においてNRS(MP:3.6 vs PL:3.68, P=0.88)、鎮痛薬使用(MP:1.19 vs PL:1.20, P=0.95)も差はなかった。臨床的、統計的に有意差を認めたのは、倦怠感(-17 vs 3 points, P=0.003)、食欲不振(-24 vs 2 points, P=0.003)、患者満足度(5.4 vs 2.0 points, P=0.001)であった。有害事象に差はなかった。
 
結論:メチルプレドニゾロン32mg/日はオピオイド内服の担癌患者に付加的な鎮痛効果をもたらさない。しかし、倦怠感、食欲不振、患者満足度の改善をもたらす。短期間の有効性以上の臨床的有効性を将来の研究で調べる必要がある。
 
 
A この試験の結果は信頼できるか
① その試験は焦点が明確な課題設定がされているか
 
P:18歳以上の担癌患者、最後24時間のNRS4以上、予想される生存が4週を超える、中等度から重度の癌性疼痛でオピオイドを使用
 
除外基準:最後24時間のNRS8以上、4週間以内にコルチコステロイドの使用、糖尿病、潰瘍疾患、NSAIDsの併用、試験のエントリー前4週間に放射線治療や全身癌治療を開始または開始する予定、脊髄圧迫または手術が必要、重度の認知機能低下
 
I:mPSL16mg 1日2回 7日間
 
C:プラセボ 1日2回 7日間
 
O:プライマリーエンドポイントDay7の平均の痛みの強度(NRS)(Brief Pain Inventoryで測定)、セカンダリーアウトカムは日々の安静時痛の強度(NRS)(Edmonton Symptom Assessment Systemで測定)、ベースラインからDay7までの倦怠感、食欲不振の変化(European Organisation for Research and Treatment of Cancer-Quality of Life Questionnaire C30で測定)、Day7の介入による全体の満足度(NRSで測定)、日々の鎮痛薬の使用(経口モルヒネに換算して記録)
 
 
A② その試験は設定された課題に答えるための研究方法がとられているか?
 
・ランダム化、プラセボコントロール、二重盲検
・多施設
・担癌患者の疼痛に対する経口コルチコステロイドの第三相臨床試験
 
 
A③ 患者はそれぞれの治療群にどのように割り付けられたか?
 
・コンピューターでランダムに割り付け
・施設毎、骨転移による痛みで層別化している
・Table1・2:ベースラインのオピオイドの量、突出痛、ガバペンチンorプレガバリンの使用、軟部組織の痛み、肝転移、他部位への転移では差があった

f:id:jyoutoubyouinsougounaika:20170916163231p:plain

f:id:jyoutoubyouinsougounaika:20170916163256p:plain

 
A④ 研究対象者、現場担当者、研究解析者は目隠しされている?
 
・データが集まるまで全てのパートでブラインドしている
 
 
A⑤ 研究にエントリーした対象者が適切に評価されたか?
 
・ITT解析で行っている
・数は少ないが各群で1人ずつ脱落(serious adverse effect)があるが、解析には含まれていない
・COIはない

f:id:jyoutoubyouinsougounaika:20170916163315p:plain

 
A⑥ 研究対象となった介入以外は両方のグループで同じような治療がされていたか?
 
・Table1・2:ベースラインのオピオイドの量、ガバペンチンorプレガバリンの使用については差がみられた
 
 
A⑦ その研究のための対象患者数は偶然の影響を小さくとどめるのに十分な数か?
 
・sample sizeは各群22人、脱落も含めて計50人が必要としているが、本研究で割り当てられたのも50人である
 
 
B結果は何か?
B⑧a 結果はどのように示されたか?
 
・Fig1:592人から最終的に50人が選ばれた。除外理由はコルチコステロイド使用、全身癌治療など。
・本研究では3人が脱落したが、それぞれ、同意を撤回、病気の進行による死亡、腸管閉塞のため。
・コルチコステロイド群25人、プラセボ群22人が解析された
 
・Day7時点の平均の痛みの強度に有意差はなかった(P=0.88)
・Fig2:ベースラインからの痛みの変化という点でも有意差はなかった(P=0.50)
 
・両群でオピオイドの使用に差はなかった
・Table3・Fig3:両群とも同様にオピオイドの量は増加した(P=0.95)
 
・Table3:日々の安静時痛の強度は両群で同様であった
 
・Day7時点の倦怠感、食欲不振はコルチコステロイド群で有意に改善を認めた
・ベースラインからの倦怠感の変化は、コルチコステロイド群で-17points改善、プラセボ群では+3pointsであった(P=0.003)
・食欲不振についてもコルチコステロイド群で-24points改善、プラセボ群で+2pointsであった(P=0.003)
 
・Table3・Fig2:介入への満足度はコルチコステロイド群で有意に高かった(P=0.001)

f:id:jyoutoubyouinsougounaika:20170916163351p:plain

f:id:jyoutoubyouinsougounaika:20170916163411p:plain

f:id:jyoutoubyouinsougounaika:20170916163453p:plain

 
B⑧b 最も重要な結果は?
 
・本研究ではオピオイドを使用している進行がん患者における7日間のmPSL32mg/day治療の鎮痛効果はみられなかった
・ただコルチコステロイド治療で倦怠感、食欲不振、満足度の改善がみられた
 
 
B⑧c  副作用はどうか?
 
・Table4:副作用の数については差はなかった(P=0.28)
・頻度の高い副作用は、口腔の症状、落ち着かなさ、不眠
・後者2つはコルチコステロイド群でより頻度が高かった(落ち着かなさ:6 vs 3、不眠:4 vs 3)
・重大な副作用は3つあり、プラセボ群でDay4に病気の進行による死亡、コルチコステロイド群で腸管閉塞によりDay5に脱落、臨床的に脊髄圧迫が疑われDay5で脱落であった
・これらは研究の介入によるものとは考えられなかった

f:id:jyoutoubyouinsougounaika:20170916163512p:plain

 
B⑨ その結果はどの程度正確か
 
・それぞれのP値は上記に記載
 
C その結果はあなたの現場で役に立つか?
 
・コルチコステロイドの鎮痛効果としては以下のものはリミテーションとして記載
・大規模かつ長期間の研究が必要
・サンプルサイズが少ない、選択バイアスがある
・追加の研究は必要とは思われるが、鎮痛効果を期待してのコルチコステロイドは臨床では使う根拠は乏しいかと
 
・割り付けられた両群でmPSL群の方が経口モルヒネ量が多く、Day0-7の経過中の使用量が多いため、ベースラインの痛みが強く、mPSLが効かなかった可能性はある
 
・一方で食欲不振、倦怠感、満足度への有効性が期待できる
・これまでのいつくかのRCTで短期間の食欲不振への効果が示されている
・ただコルチコステロイドの副作用は、蓄積量、使用期間に関連し、長期間の使用は倦怠感、食欲不振の改善効果を中和させてしまう
・時間経過とともに食欲増進の効果は減弱する
・その点には注意が必要
・また今回の研究ではセカンダリーアウトカムであり、プライマリーアウトカムとしての研究は必要
 
 
(コメント)
・気になる食欲不振がセカンダリーアウトカム
・Nが少ないため、ばらつきがでる
・鎮痛効果を期待して、現場で使えるかというか微妙
・除外基準にステロイド使用が多い
・これをみてアクションは変わらない
・コクランでもステロイドは痛みに少しいいかもとのこと
・鎮痛はおまけくらいの意味合いだろう
・mPSLの量32mg/dayではデキサメタゾンに換算すると8mg/day。日本では4mg/dayまでであることが多く、そのまま適応は出来ないかも?

心筋梗塞に酸素はルーチンで必要か?

http://www.nejm.org/doi/full/10.1056/NEJMoa1706222#t=article

A この試験の結果は信頼できるか

①その試験は焦点が明確な課題設定がされているか

Patient 

・救急搬送、ER受診者、CCU、カテーテルした患者が対象

・30歳以上の患者

・6時間以内のMIが疑われる症状(胸痛、息切れ)を有する

・オキシメーターでSpO2 90%以上で心電図で虚血を示唆する異常があるかトロポニンI or Tが上昇

・Swedishのみ(Swedish National Population Restryを用いてfollowするため)

 

除外基準は、

・ongoingで酸素投与を受けている患者

・心停止で来院、あるいは来院〜入院までに心停止となった、高濃度酸素を投与されていた患者

 

*20分未満の酸素投与を受けた患者は、10分間無投与としたのちに再評価

 

Intervention & Comparison

・酸素療法(6L/minで6-12時間)あるいは室内気に割り当て

 

Outcome

Primary outcome;ランダム化より365日以内の全死亡

Secondary outcome;ランダム化後30日以内の全死亡、心筋梗塞での再入院、心不全での再入院、心血管死(サプリ参照)、30日と365日に評価するこれらのエンドポイントの複合エンドポイント

 

Aその試験は設定された課題に答えるための研究方法がとられているか?

p.2 multicenter, parallel-group, open-label, registry-based, randomized, controlled trial

parallel-group trial; 被験者を複数の異なる治療群(通常は試験薬とプラセボ)にランダム化し、通常は試験期間全体にわたって割り付けられた治療を行っていく研究。

 

A患者はそれぞれの治療群にどのように割り付けられたか?その手法と、Table1

Onlineのランダマイズモジュールを利用して作成されたComputerが作成したリストに基づいて割り当てられた。

p.6 Table1 収縮期血圧は有意差があった。

f:id:jyoutoubyouinsougounaika:20170913194605p:plain

f:id:jyoutoubyouinsougounaika:20170913194616p:plain

 

A研究対象者、現場担当者、研究解析者は目隠しされている?

p.7 open-labelである(酸素投与、無投与のblindは不可能)

 

A研究にエントリーした患者が適切に評価されたか? intention-to-treatITT解析、脱落者も含めていて、より臨床に則した感じ)

p.3 intention-to-treat解析で適切にフォローされている

f:id:jyoutoubyouinsougounaika:20170913194756p:plain

 

A研究対象となった介入以外は両方のグループで同じような治療がされていたか?

Table1. 同じような治療

 

Aその研究のための対象患者数は偶然の影響を小さくとどめるのに十分な数か?

p.3 powerを0.90、total 2856人が必要。(乗り換えや離脱を考慮してそれぞれのグループに3300人が必要)

 

B結果は何か?

B⑧a 結果はどのように示されたか? 

死亡率や再入院率は特に変わりなし。

f:id:jyoutoubyouinsougounaika:20170913194715p:plain

 

Cその結果はあなたの現場で役に立つか?

 比較的しっかりとしたデザイン。

心筋梗塞が疑われた患者がinclusionされているが、75%が実際に心筋梗塞

ブランドは出来ていないが、hard outcomeをpriyary outcomにしているので問題ないだろう。

SpO2:90%未満なら酸素投与というのは、少し気が引けるがそれでも酸素投与であまり恩恵はなさそう。

AVOID trialではSTEMIに対するルーチンの酸素投与はむしろ害になりうる結果が出ている。

Air Versus Oxygen in ST-Segment-Elevation Myocardial Infarction. - PubMed - NCBI

 

全体的には心筋梗塞にルーチンの酸素はしない方向で良さそう。

日本のガイドラインではSpO2:94%未満なら酸素投与を推奨。

全ての患者でも投与しても良いかも?しかし弱い推奨

 

http://www.j-circ.or.jp/guideline/pdf/JCS2013_kimura_h.pdf

クラス I
・肺うっ血や動脈血酸素飽和度低下(94%未満)を認める患者に対する投与. レベル B
クラス IIa
・すべての患者に対する来院後 6 時間の投与. レベル C

 

日本では、SpO2:94%未満なら酸素を投与したほうが無難だと思うが、94%あればSTEMIでも少なくともルーチンの酸素投与は必要ない可能性が高い。

今後のガイドラインの変更に期待。