コミュニティホスピタリスト@東京城東  

総合内科と家庭医療を融合させたコミュニティホスピタリストを目指しています!!!

東京城東病院の新総合診療プログラム後期研修医募集!【コミュニティホスピタリスト育成プロジェクト】 

来年度よりはじまる新専門医制度の総合診療専門医の後期研修医の募集を開始します!
当プログラムの特徴は以下のとおりです。

1. 総合内科的な能力と家庭医療的な能力を併せ持ったコミュニティホスピタリストを育成する!

2. オンオフをはっきりさせ、QOLと教育の両立を目指す!

3. 救急、小児科だけではなく、緩和ケアと集中治療など選択研修も充実!

 

【総合内科的な能力と家庭医療的な能力を併せ持ったコミュニティホスピタリストを育成する!】
4年間のプログラムのうち2年間を東京城東病院の総合内科で研修が可能です。
全ての内科疾患を総合内科が診る環境で、さらに有名GIM研修病院仕込みの屋根瓦教育を病棟と外来で徹底的に行います。
また、総合内科の基礎を身に着けつつ、病院での家庭医療の実践についても習得します。
さらに1年間を北海道家庭医療学センター、福島県立医科大学地域・家庭医療学講座などの家庭医療の研修に定評がある教育診療所で家庭医療研修を行います。
総合内科×家庭医療の研修により、日本中どこでも通用するコミュニティホスピタリストになることが出来ます。

 

【オンオフをはっきりさせ、QOLと教育の両立を目指す!】
2年間を過ごす東京城東病院総合内科では、オンコール制を敷いており、基本的に夜間・土日にオンコール以外が呼ばれることはありません。
土日も基本的には休みであり、オンオフをはっきりさせることが出来ます。
当直に関しても月1-2回程度であり、ゆったりと研修が可能です。
しかし、日中の教育的なフィードバックは濃密に行い、さらに院外研修で急性期医療の研修も可能です。
QOLと教育を両立します!

 

【救急だけでなく、集中治療、緩和ケアなど選択研修も充実!】
救急・集中治療研修は昭和大学医学部附属病院総合内科や東京ベイ浦安市川医療センター、藤田保健衛生大学病院などの有名教育病院で行うことが可能です。
また緩和ケア研修もJCHO東京新宿メディカルセンターで行うことが可能です。
希望者は外科、整形外科、皮膚科、泌尿器科なども選択可能です。
各々のニーズに合わせたフレキシブルな研修が可能です。

 

見学希望の方は jotosec@gmail.com まで【見学希望】と題名に書いて、名前、
所属、医師年数、経歴を銘記してメールをしていただければと幸いです。
見学だけでも大丈夫ですので、気軽においでください。

 

また、プログラム説明会兼、徳田安春先生と城東病院総合内科指導医による勉強会も10月22日に行います。
詳細は下記になります。
http://toukon1022.peatix.com/

 
*なお、コミュニティホスピタリストは頴田病院の本田院長が提唱した概念です。

頴田病院のプログラムも盛り上がっています!
https://aih-net.com/resident/senior/rotate/family.html

 

当院のプログラムの概要は以下になります!

 

◯城東病院総合内科のミッション

総合内科に家庭医療を融合させたコミュニティホスピタリストのロールモデルを提示する。

 

◯研修をおえた人材は

 研修後には総合内科医としての能力をコアとしつつ、家庭医療のエッセンスも取り入れ、リサーチマインドも併せ持つコミュニティホスピタリストになり、次世代の総合診療のリーダーとなるべき人材になることを期待します。    

 

  • 総合診療専門研修Ⅰ

北海道家庭医療学センター、福島県立医科大学地域・家庭医療学講座系列診療所を始めとした、総合診療教育が充実した教育診療所で1年間行います。将来診療所で働く能力を涵養することは当然として、病院で働く上でも幅広い視野を持つことが可能です。

  • 総合診療専門研修Ⅱ

京城東病院で1年間行います。老年医学、緩和ケア、リハビリなどの基礎を学び、退院調整や困難症例への対応、多職種カンファレンスの運営など幅広い考え方を学びます。

  • 内科研修

京城東病院で1年間行います。総合内科的な、内科診断学、多疾患併存の内科病棟管理を学び、内科医としての基礎を身につけます。東京ベイ浦安市川医療センター、聖路加国際病院などの教育病院も選択研修として可能です。

  • 小児科研修

3ヶ月を賛育会病院などの地域の基幹病院で行います。急性期を中心とした救急や病棟管理を学び総合診療医として必要な小児科の基礎を身につけます。

  • 救急研修

3ヶ月を昭和大学附属病院や東京ベイ浦安市川医療センターなどで行います。総合診療の素養を持ったER指導医から、総合診療医に必要な救急の診断学や手技を学びます。

  • 選択研修

希望者は合計6ヶ月行うことが可能です。

総合内科ベースの集中治療研修3ヶ月を藤田保健衛生大学もしくは、東京ベイ浦安市川医療センターで行います。

緩和ケア研修3ヶ月をJCHO東京新宿メディカルセンターで行います。

集中治療研修と緩和ケア研修は、総合診療医にとって大切なスキルであり、積極的に学んでほしいと思います。

また希望者は、整形外科、外科、臨床研究、皮膚科、泌尿器科、臨床研究も適宜可能です。

 

f:id:jyoutoubyouinsougounaika:20170925205839p:plain

 

*『研修プログラム』は、二次審査を通過したものであり、修正・変更の可能性があることをご承知ください。

  

コミュニティホスピタリストの詳細は以下より

 

f:id:jyoutoubyouinsougounaika:20171012175327j:plain

f:id:jyoutoubyouinsougounaika:20171012175332j:plain

f:id:jyoutoubyouinsougounaika:20171012175336j:plain

f:id:jyoutoubyouinsougounaika:20171012175344j:plain

f:id:jyoutoubyouinsougounaika:20171012175347j:plain

f:id:jyoutoubyouinsougounaika:20171012175355j:plain

f:id:jyoutoubyouinsougounaika:20171012175359j:plain

f:id:jyoutoubyouinsougounaika:20171012175406j:plain

f:id:jyoutoubyouinsougounaika:20171012175410j:plain

f:id:jyoutoubyouinsougounaika:20171012175415j:plain

f:id:jyoutoubyouinsougounaika:20171012175421j:plain

 

症例カンファ 腰痛

 

f:id:jyoutoubyouinsougounaika:20171019195218p:plain

 

本日は症例カンファ。

以前に扱った症例でしたが、新しい先生も来たので復習を兼ねて

腰痛の症例。

体動で悪化 筋骨格系か

しかし、kye pointは安静時痛があり、夜間に痛みで目が覚める。

この病歴の地点で精査をすべきことが決定。

さらに運動で改善するという点、若年男性という点から強直性脊椎炎を考える。

その他の脊椎関節炎、化膿性脊椎炎、結核性脊椎炎、悪性腫瘍骨転移も鑑別に。

ただ随伴症状やリスクは少ない。

 

強直性脊椎炎を念頭に、仙腸関節の叩打痛、パトリックを取りに行くと陽性。

下痢があるのでIBD関連の脊椎関節炎は鑑別に。

MRIでは shiny cornerを認め、最終的に強直性脊椎炎と診断。

病歴から鑑別を挙げて、身体診察と検査で詰める過程を共有しました。

以下、以前のまとめ。

強直性脊椎炎のレビュー - コミュニティホスピタリスト@東京城東

広告を非表示にする

健診、検診のレクチャー 松本Dr

検診:特定の疾患を見つける(例 癌検診)

健診:特定の病気を見つけるわけではない。

 

CEAが無症状で見つかった場合は??

⇒大腸癌の可能性は4%程度??

choosing wiselyとしてはCEAは使用しない方向。

早期に消化器癌を見つけるメリットはある?

しかし96%の人が追加で精密検査を行うリスク・負担もある。。

寿命に関与することがないPSAの測定の意義は??

 

脳ドックの意義は??

無症候性脳虚血発作、無症候性内頚動脈閉塞、無症候性未破裂動脈瘤

無症候性脳梗塞に関しては抗血小板薬の投与は推奨されない(2015年から脳梗塞ガイドラインでも記載あり)

無症候性内頚動脈閉塞は治療適応乏しい?

無症候性未破裂動脈瘤は小さければ治療適応なし しかし動脈瘤に対する不安も。。

⇒癌検診とくれべて費用対効果は劣るという報告も。。ただ今後の血管内治療の報告で変わる可能性も。。

とはいえ、現地点では推奨されない。

 

では何をすればよいか??

us preventive task forceのアプリがお勧め!

AHRQ ePSS - Google Play の Android アプリ

日本と少し事情が違うところもあるが、年齢・性別・喫煙・sexualy activeを入力すれば推奨する検診を提示してくれる。

継続外来では特にお勧め!!!

 

例えば65歳男性で喫煙者、sexualy activeなし

推奨A 大腸癌、HIV(これは日本では当てはまらないか。。)、高血圧、禁煙

推奨B 転倒予防の運動、腹部大動脈瘤(エコー)、アルコール依存、血管リスクが高い場合のアスピリン使用(しかし、日本人ではこれも当てはまらないか。。)、うつ病、糖尿病、運動・減量、スタチン(LDL測定)、肥満、潜在性結核(これもルーチンでは難しいか。。)、B型肝炎C型肝炎(これもルーチンでは難しいか。。)、肺癌のスクリーニング

⇒ということで便潜血を含めた一般的な健診の項目に加えて禁煙、うつ病、運動・食事指導・腹部エコー、必要に応じて胸部CTを行うか。。

症例カンファ 2017年10月12日

 

f:id:jyoutoubyouinsougounaika:20171012084835j:plain

 

f:id:jyoutoubyouinsougounaika:20171012084813j:plain

 

体動困難

⇒ふだんは伝い歩きだがうごけない。言葉が普段よりも出ない。

鑑別は??

 

体動困難よりも意識障害のほうが鑑別は絞れる。

意識障害を切り口とする。

意識障害を見た時はまずバイタルの異常をチェック。

血液ガスと血糖は有用!

血液ガスで異常がなければ全身疾患の可能性は下がる。

四肢の脱力がなくても血圧が高値(SBP>160)では頭蓋内疾患の可能性が上がる

⇒頭部CTが優先される

 

意識障害のおさらい

●Dont 

血糖、酸素・二酸化炭素一酸化炭素ビタミンB1

●バイタル異常 

血圧、体温、SpO2、呼吸数(血液ガスで乳酸値もチェック)

●L/D異常 

肝臓、腎臓、電解質⇒血液ガスでスクリーニング

●神経

Stroke、てんかん髄膜炎脳炎⇒まず頭部CT その後必要に応じて髄液・頭部MRI・脳波を

●その他

まずは薬物・アルコールを考える!! 

他内分泌疾患、精神疾患など

 

 

胸腔ドレーンの基礎

f:id:jyoutoubyouinsougounaika:20171012083157j:plain

 

胸腔ドレーンは

①水を貯めるところ

②ウォーターシール

③陰圧をかけるところ

 

に分けられる

いちばん大切なのは、②のウォーターシール

エアーリークがあると②に泡が出現する

広告を非表示にする