コミュニティホスピタリスト@東京城東  

総合内科と家庭医療を融合させたコミュニティホスピタリストを目指しています!!!

下痢のフレーム

 

・腸管外:虫垂炎腸腰筋膿瘍、腹部大動脈瘤、骨盤内炎症性疾患

・全身疾患:アナフィラキシ-ショック、トキシックショック症候群,甲状腺クリーゼ、副腎不全、心不全、腸管外感染症(レジオネラ、マラリア、インフルエンザ、HIV感染症

・腸管内:消化管出血、炎症性腸疾患、大腸癌、吸収不良、好酸球腸炎放射線腸炎

・薬剤/食事:下剤、ジギタリス、抗菌薬、制酸剤、テオフィリン、NSAIDs、乳糖

・感染性腸炎:大腸型、小腸型、毒素型

 

◯下痢の鉄則

まずは、腸管外病変と全身疾患を除外する。