コミュニティホスピタリスト@東京城東  

総合内科と家庭医療を融合させたコミュニティホスピタリストを目指しています!!!

日本リハビリテーション学会 6月29日記録②

若手シンポジウムが終わった後は、亀田総合病院の桂井先生と相田先生のご案内でリハ学会プチツアーを開催しました!

リハビリ学会は、装具やリハビリ用の器材などの出展が、すさまじく圧倒されました。

はじめてみる機械がたくさんあり、童心に戻ったようでした

 

 

ト〇タがリハビリ界に進出しているのは初耳でした。

歩行アシストロボットの実物を見ましたが、非常に考えられた設計で、安全に歩行を行い、さらにアシストの調整、フィードバックも充実と、すごい機械だなと感じました。

 

さらに、バランス感覚のロボットはニン〇ンドーのゲームと同じような感じで、体験しましたが、とても楽しかったです。

f:id:jyoutoubyouinsougounaika:20180630142158p:plain

 

また下垂足に対して、電気刺激を行うことで足の背屈を促す電気機器も体験しました。

最初は、電気で痛かったのですが、慣れてくると自然に足の背屈が出来るようになりました。

 

f:id:jyoutoubyouinsougounaika:20180630135536p:plain

 

 

さらに、義肢の進化もすさまじく、いろいろと工夫がこらされているなーと感心しました。

知識としてこのような装具や機械について知っておくことは、有益だなーと改めて感じました。

 

 

ツアーが終わった後は、会場のカフェそしてその後の飲み会と リハビリと総合診療についてみんなで語り合いました!

やはり、共通の思考体系、課題を持っている人たちとの会話はとても楽しく、あっという間に時間が過ぎました。

嚥下についても見識が深まりましたねー

個人的には、リハビリ認定医をとってもよいかなとか、総合診療医の為のリハビリフェローシップを佐藤先生の取り組みを参考に作りたいなーと夢が広がりました!

とても、楽しくあっという間の1日でしたねー