コミュニティホスピタリスト@東京城東  

総合内科と家庭医療を融合させたコミュニティホスピタリストを目指しています!!!

Atypical-HUSに対するエクリズマブの効果

Terminal complement inhibitor eculizumab in atypical hemolytic-uremic syndrome. - PubMed - NCBI

 

f:id:jyoutoubyouinsougounaika:20180625162802p:plain

 

Trial1 :,血小板数低値で,腎不全を有する患者
Trial2: 腎不全はあるが、血漿交換や血漿輸血を受けている期間の少なくとも 8 週間は血小板数は 25%を超える低下が認められなかった患者

 

●除外基準

血漿中ADAMTS13活性5%以下、志賀毒素産生大腸菌感染、以前のエクリズマブ曝露


I エクリズマブ投与

エクリズマブは、週に900mgの用量で4週間、1週間後に1200mgの用量で、そして2週間ごとに1200mgの維持用量で静脈内投与した。

C 特になし

 

 

trial1   TMAの抑制(血小板の変化)

traial2 TMA関連イベントが認められない状態(血小板数の 25%を超える低下が認められず,血漿交換や血漿輸注が行われず,透析も必要としない)

 

 

 

試験のデザイン

f:id:jyoutoubyouinsougounaika:20180625163137p:plain

 

 

全員が髄膜炎菌ワクチンを受けるか、ワクチンを受けるまでは髄膜炎菌の予防投与を行っていた。

 

ベースライン

f:id:jyoutoubyouinsougounaika:20180625203609p:plain

f:id:jyoutoubyouinsougounaika:20180625203638p:plain

 

 

〇結果

Trial1 :

ベースラインから 26 週目にかけての血小板数の増加は平均 73×109/L (P<0.001)

ベースラインから64週目にかけての血小板数の増加は平均 91×109/L (P<0.001)

 

Trial2:

26週の時点で、80%でTMA関連イベントが認められなかった.

62週の時点で、85%でTMA関連イベントが認められなかった.

f:id:jyoutoubyouinsougounaika:20180625203752p:plain

f:id:jyoutoubyouinsougounaika:20180625203804p:plain

 

腎機能もエクリズマブ使用中は明らかに、改善した

さらに、Trial1で透析している5人中4人が透析を離脱した

f:id:jyoutoubyouinsougounaika:20180625204538p:plain

 

髄膜炎菌感染は発生しなかった

Trial2では重篤な合併症ととしてインフルエンザ、腹膜炎、静脈の硬化を認めた

f:id:jyoutoubyouinsougounaika:20180625204854p:plain

 

 

〇感想

RCTではなく、数は足りないが、特殊な疾患であるので仕方ないと思われる。

しかし、それであっても明らかに効果はありそうな印象。

これ以上の大規模な試験も難しいと思われ、Atypical-HUSであれば、エクリズマブを使うことは十分考慮しても良いと思われる。

重篤な副作用も稀に認めるが、透析の離脱も可能でありメリットは大きそう。