コミュニティホスピタリスト@東京城東  

東京城東病院総合診療科チーフの森川暢が管理しているブログです。GIMと家庭医療を融合させたコミュニティホスピタリストを目指しています!!!

食後低血圧について

高齢男性。

食後15分で、失神。

座位になった状態で救急要請。

救急隊接触時は、意識は元に戻ったが、脈拍触知できず、HR40台と徐脈。

その後、仰臥位で自然に血圧は元に戻った。

以前にも、同様のエピソードで搬送された。

心電図や採血は問題なく、経過からは食後低血圧が疑われた。

 

 

Postprandial Hypotension: A Systematic Review - ScienceDirect

食後低血圧は高齢者で圧倒的に多い疾患

本症例のように、失神の既往歴がある場合は食後低血圧の頻度が高い

交感神経および圧反射機能の障害、血管拡張性ペプチドの放出、小腸の栄養伝達、胃の膨張、脾臓の血液プールなどの様々な要因が関係している。

 

食後低血圧は食直後~食後2時間までに起こりうる

f:id:jyoutoubyouinsougounaika:20180618205323p:plain

ãPostprandial Hypotension: A Systematic Reviewãã®ç»åæ¤ç´¢çµæ

 

f:id:jyoutoubyouinsougounaika:20180618205542p:plain

 

 

ãPostprandial Hypotension: A Systematic Reviewãã®ç»åæ¤ç´¢çµæ

 

 

 

Postprandial hypotension in neurological disorders: systematic review and meta-analysis. - PubMed - NCBI

 

なお、神経疾患があると食後低血圧がさらに起こりやすいとされる( odd ratio (OR) 5.23, 95% confidence interval (CI) 2.90-9.45, p < 0.00001].)

さらに、パーキンソン病:PD、多系統萎縮症:MSA、アルツハイマー病:AD、

糖尿病性神経症:DNでサブ解析してもやはりリスクが高い

 

 (PD: 107/201 patients vs. 32/136 controls; OR 3.49, 95% CI 2.09-5.83, p < 0.0001; MSA: 19/27 patients vs. 0/24 controls; OR 89.55, 95% CI 2.65-3030.33, p = 0.01; AD: 7/10 patients vs. 6/23 controls; OR 6.61, 95% CI 1.28-34.14, p = 0.02; DN: 14/51 patients vs. 3/34 controls; OR 4.83, 95%CI 1.20-19.41, p = 0.03).