コミュニティホスピタリスト@東京城東  

総合内科と家庭医療を融合させたコミュニティホスピタリストを目指しています!!!

Case 15-2018: An 83-Year-Old Woman with Nausea, Vomiting, and Confusion

NEJMのケース

 

83歳女性の上気道症状が出現後の、下痢と嘔吐

その後全身倦怠感も出現

頭痛、視力の変化、胸痛、息切れ、腹痛はなし

リウマチ性の心疾患で、MSあり EF60%だが、Af,心不全、CKD,圧迫骨折もある。

MSに対しての手術の影響でMRに⇒肺高血圧とTRも合併

⇒その後M弁とT弁の置換術を行った ペースメーカーも入ってる

 

 the temperature was 36.9°C, the blood pressure 153/60 mm Hg, the pulse 64 beats per minute, the respiratory rate 18 breaths per minute, and the oxygen saturation 100% while the patient was breathing ambient air.

The weight was 39.2 kg, and the body-mass index (BMI; the weight in kilograms divided by the square of the height in meters) 18.7.

さらにしんどそうに見えると 覚醒してるが無気力と 神経所見も問題なし

粘膜は乾燥

JVD-

収縮期雑音あり S2亢進

Cracklesを下肺野に認める

腹部は圧痛なし

 

 

L/Dも特記事項なし 尿検査も問題なし インフルエンザも陰性

 

f:id:jyoutoubyouinsougounaika:20180518063239p:plain

 

 

 

 

f:id:jyoutoubyouinsougounaika:20180518063904p:plain

 

感染、甲状腺、腎不全などいろんな鑑別が考えられるが。。

 

Crが1.2から1.6へと上昇している。

高齢者であり、特に薬剤の副作用が起こりやすい。。

特に、スピロノラクトンジギタリスは危険。

スピロノラクトンでは、失調、混乱、嗜眠、高カリウム血症、悪心、嘔吐、下痢、および急性腎障害を認める。

またジギタリスは、めまい、吐き気、嘔吐、下痢、脱力、および視覚障害を認める。

 

最も、当てはまるのはジギタリス

 

心電図

 

ペースメーカー電位  右脚ブロック+心室応答

f:id:jyoutoubyouinsougounaika:20180518063916p:plain

 

 

〇診断

ジギタリス中毒。

 

やはり、高齢者でポリファーマシー、腎機能障害がある場合は、薬剤の副作用を考えるべし。