コミュニティホスピタリスト@東京城東  

総合内科と家庭医療を融合させたコミュニティホスピタリストを目指しています!!!

非心臓手術におけるアスピリン POISE-2 trial

 

非心臓手術において、アスピリンを中止すべきか?

Up to Dateに以下の記載あり。

For most of these patients taking aspirin monotherapy, we recommend that they hold such therapy five to seven days before surgery and that aspirin not be started before noncardiac surgery in those not taking aspirin
The results are strongly influenced by the results of the POISE-2 trial (and one post hoc substudy from that trial)

 

⇒その元論文を読んでみた。

f:id:jyoutoubyouinsougounaika:20180406230445p:plain

P 非心臓手術を予定している45歳以上の患者で以下のうちの最低1つを満たす

◎Inclusion

1.冠動脈疾患の病歴

2.末梢動脈疾患の病歴

3。 脳卒中の既往

4.主要な血管手術を受けている

5.以下の9つのリスクのうち3つ以上

A.年齢≧70歳;

B.腹腔内、胸腔内、後腹膜、または主要な整形外科手術として定義される大手術を受ける

C.うっ血性心不全の病歴

D.一過性虚血性発作の病歴;

E.糖尿病であり、現在経口血糖降下剤またはインスリンを服用している;

F高血圧の病歴;

G.術前血清クレアチニン>175μモル/ L(> 2.0mg / dl)

H.手術後2年以内の喫煙;

I 緊急手術を受けている

 

◎Exclusion

アスピリンまたはクロニジンに対する過敏症または既知のアレルギー
2。 手術前72時間以内のアスピリンの使用 3.収縮期血圧<1​​05mmHg。 4.心拍数が、心拍数が1分当たり55回未満、または第2度または第3度心臓ブロック 5活動性消化性潰瘍疾患または手術前6週間以内の消化管出血; 6.手術前6ヶ月の頭蓋内出血 7.くも膜下出血または硬膜外血腫 8.手術前1年未満の薬剤溶出型冠状動脈ステント 9.ベアメタルステントを手術の6週間前に留置 そのほか術前の抗血小板薬の内服


I   アスピリン(200㎎で開始、開始した場合は30日継続、元々継続している場合は7日間200mgを内服し元の量にする)
C   プラセボ
O  ランダム化30日後の死亡と非致死的心筋梗塞の複合エンドポイント

多施設のRCT 
2×2のファクトリアル試験
サンプルサイズは足りている

f:id:jyoutoubyouinsougounaika:20180407001003p:plain

f:id:jyoutoubyouinsougounaika:20180407001021p:plain

⇒両郡のベースラインはほぼ、同等。

 

 

◎結果

f:id:jyoutoubyouinsougounaika:20180407001155p:plain

⇒primary outcomeを含めて心血管イベントや死亡率は両郡で変わりなし

出血は、アスピリン郡で多い。

f:id:jyoutoubyouinsougounaika:20180407001554p:plain出血は特に、周術期や術後に多い傾向


◎感想
結果は、それなりに信頼できる印象。
非心臓手術ではアスピリンは中止しても問題なさそう。
とはいえ、除外基準として最近のPCI症例は除外されていることに注意が必要。
Up to Dateに以下の記載あり。
However, we continue aspirin in patients with prior PCI and those undergoing carotid endarterectomy, unless the risk of major bleeding is thought to be high.
PCIや内膜剥離術は例外的と