城東病院総合内科 ブログ

東京城東病院総合内科の非公式ブログです!

誤嚥性肺炎へのアプローチ

A   Acute  problem

B   Best position 、Best  meal

C   Care  of  oral

D   Drug、Dementia 、Dental

E    Energy 、Exercise(リハビリ)

 

誤嚥性肺炎のアプローチについて

 

 Acute  problem

⇒まずは絶食±抗菌薬で状態を落ち着かせる

 

Best position

⇒頸部前屈、ギャッチアップ30-45度が一般的には最も嚥下しやすい

 

Best  meal

⇒ゼリー食が最も嚥下しやすい 次はペースト食

基本的にゼリーからはじめて、徐々に食事形態をアップ

 

 Care  of  oral

⇒口腔ケアを徹底すれば予後改善

 

Drug

⇒向精神病薬、眠剤など嚥下機能を低下させる薬を中止する。

スルピリドなど薬剤性パーキンソニズムも注意

 

Dementia

⇒せん妄の予防、改善の為に昼夜逆転防ぐ、環境調整を

 

Dental

⇒入れ歯は原則つける。う歯は治療。

 

Energy

⇒低栄養、サルコペニアは嚥下機能低下の大敵。

攻めのカロリーで、状態が落ち着いたら必要量を超えるカロリーを。

 

Exercise(リハビリ)

⇒、STによる嚥下評価と嚥下訓練は言うにおよばず、PT+OTの介入でADLアップすることで予後は改善