城東病院総合内科 ブログ

東京城東病院総合内科の非公式ブログです!

βラクタマーゼについて レクチャー

 

 
■βラクタム薬
・PBP(細胞壁合成蛋白)にβラクタム薬が結合し合成を阻害
ペニシリン、セフェム、カルバペネム、(+アズトレオナム)
 
■βラクタム薬の耐性機序
①βラクタマーゼ…βラクタム薬を分解する酵素
 ※プロテウスやクレブシエラは元々もっている
②PBPsを変異する
 ※MRSA、PRSP、BLNAR
③薬剤を排泄する、ブロックする
 ※腸球菌、緑膿菌など
 
■βラクタマーゼの種類
①ペニシリナーゼ
②セファロスポリナーゼ
 ペニシリンも分解
③カルバペネマーゼ
 全て分解する
 
※セフェムはペニシリナーゼに分解されない
※CEZ
・対MSSA用の薬剤
・効くE.coli、クレブならOK
 
■アミノペニシリン
GNRにもターゲットを広げた
クレブシエラは✕
 
■βラクタマーゼ阻害薬(=ペニシリナーゼ阻害薬)
SBT、CVA、TAZ…これ自体も抗菌薬であるが、あくまで補助のためのもの
 →ペニシリナーゼしか阻害できない
 →セファロスポリナーゼ産生菌には効かない
 
※セファロスポリナーゼを阻害するものまだない
※セフェムに発展
 セファロスポリナーゼに安定する抗菌薬を開発していくことになる