城東病院総合内科 ブログ

東京城東病院総合内科の非公式ブログです!

症例カンファレンス 2017年3月10日

 

 

f:id:jyoutoubyouinsougounaika:20170310191033p:plain

 

今日は症例カンファレンス。

60台 3日の経過の咳嗽・発熱で来院。

他特に症状なくバイタル安定。

胸部聴診所見、胸部レントゲン、インフルエンザ問題なし。

上気道炎で対処療法で帰宅。

⇒実は1ヶ月前から右前腕近位部の痛みがあり同日、整形受診し、尺骨の病的骨折を指摘され内科で精査を依頼!!

 

レントゲンは尺骨・橈骨が全体的にスカスカ。二次性の骨粗鬆症??

Ca/Pや甲状腺は正常。 

ただ、その後3日間発熱継続。全身状態は悪化。鑑別は??

 

病的骨折を診た時は。。

①二次性骨粗相症

②骨の悪性腫瘍

 

②の中でも原発性骨腫瘍、転移性骨腫瘍、多発性骨髄腫を主に考えました。

ただ、蛋白アルブミン解離は認めず。

溶骨性骨転移の代表格は、肺癌・乳癌・腎癌。

それらを念頭に全身CTを考慮します。

 

ただ。。

今回の症例では。。

初診時に見逃していた所見が再診時に見つかり確診に至りました。

 

全身リンパ節が著明に腫大していました!

さらにLDHも最初から上昇していたのが再診時にさらに上昇。

もうお分かりですね。

後日、DLBCLと判明しました。 

 

jyoutoubyouinsougounaika.hatenablog.com