読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

城東病院総合内科 ブログ

東京城東病院総合内科の非公式ブログです!

呼吸困難のフレーム 問診

f:id:jyoutoubyouinsougounaika:20170223184246p:plain

 

今日は呼吸困難のフレームについて話をしました。

呼吸困難ではまず気道の問題を除外すべきです。特に上気道閉塞は知識的になりえます。突然の呼吸困難では真っ先に除外すべきです。

それ以外のフレームは下記になります。

A irway(気道) 

B reath(肺)

V entilation(換気不全)

C ardio(心臓)

DKA(アシドーシス)

Defficiency of anemia(貧血)

病歴も重要ですが、相対的にバイタルと聴診と血液ガスが重要になってきます。

当然ですが気道も問題では喘鳴やストライダーの有無を確認します。

SpO2が保たれた呼吸困難ではアシドーシスと貧血、CO中毒を考えます。

CO2が上昇した呼吸困難では気道の問題と換気不全を考えます。

 

問診において重要なのはReview of systemsの聴取で上記のどのフレームに所属するかを考えることです。

代表的なROSは下記のとおりです。

 

A irway(気道)  窒息 痰づまり 異物 アナフィラキシー(下痢、皮疹、アレルゲン摂取)

B reath(肺)   咳嗽・喀痰・血痰・吸気時の胸痛

V entilation(換気不全) 脱力・痺れ・嚥下困難・複視

C ardio(心臓)   夜間発作性呼吸困難・起座呼吸・胸痛・動悸・浮腫・体重増加

DKA(アシドーシス) インスリン・アルコール・糖尿病・口渇・多飲・多尿

Defficiency of anemia(貧血) 黒色便・血便・出血素因