読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

城東病院総合内科 ブログ

東京城東病院総合内科の非公式ブログです!

Celiac artery compression syndrome(正中弓状靭帯圧迫症候群)について

謎の心窩部痛でCeliac artery 周辺がモヤモヤして変だなと当直医が感じ、造影CTを撮像したら放射線科からは上記病名の疑いと。知らなかったので調べてみた。

 

下記に詳しくまとめられている。画像も確かに典型的かも。

正中弓状靭帯圧迫症候群の画像診断

 

Celiac artery compression syndrome(CACS)とほぼ同意語のよう。

reviewがあったので調べてみた。

https://journals.viamedica.pl/acta_angiologica/article/viewFile/AA.2015.0005/28649

 

CACSは0.4%の頻度の稀な病気。ただ無症状な圧迫は2.4-8%に認められる。

30-50歳の若年者に多く、75-91%が女性とされている。

正中弓状靭帯圧の下方への肥大が原因。

呼気時に症状が出現する(訳注 正中弓状靭帯圧が横隔膜を介して下方に移動するから

腹部の跛行を起こす。

celiac arteryの神経叢の圧迫が病態

食後の上腹部痛、悪心、嘔吐、軽度の体重減少が特徴的な症状

まれに、下痢、胸焼け、腹部膨満、便秘、不整脈、失神などが起こる

 

腹腔動脈の解剖 下記から引用

http://www.ususus.sakura.ne.jp/053pancreas.html

f:id:jyoutoubyouinsougounaika:20170210205114p:plain

 

12胸椎と第1腰椎の間に位置している。

膵臓の上縁の15mm上から起始。

正中弓状靭帯は横隔膜の下部と融合している。

正中弓状靭帯が腹腔動脈に進展すると、神経叢を圧迫し痛みが出現し、最終的に腹腔動脈自体を圧迫する。

 

f:id:jyoutoubyouinsougounaika:20170210205929p:plain

 

 

 

●診断について

CACSの診断には以下の3つが必要

①CACSに特徴的な症状があること

胃潰瘍や癌など他の疾患が除外されていること

③腹腔動脈の狭窄が動脈硬化によるものでないと、エコーやCT、MRI,アンギオなどで確認されていること

現在のところ造影CTがgold standardである。

MRI,ドップラーエコーで血流低下することも有用。

これらは、呼気と吸気で行うとよい。

深い呼気で圧迫が最大になり、血流が落ちることが分かる。

ただ吸気では必ずしも血流の低下は見られない。

⇒ドプラーエコーで腹腔動脈を描出し、呼気でpeak systolic velocityが増大すればCACSを疑う!!

さらにドプラーエコーは動脈硬化による狭窄との鑑別にも有用。

さらにドプラーエコーは術後の評価にも有用とされている。

あるstudyによると術前に381cm/sだった平均peak systolic velocityが術後は235に低下したとされている。

 

 

○治療

治療は正中弓状靭帯を切開して、神経節を切除すること。 腹腔鏡でも回復でもよく、安全で効果的である。

手術による死亡は報告されておらず、85%で改善を認めた。

手術しても症状が改善しない場合は、血管内ステントによる血管内治療も考慮される。

ただ血管内治療をしても狭窄が再発して、何度も入れ替えをすることもあるとのこと。

基本的には、腹腔鏡 or 回復による正中弓状靭帯の切開が第1選択とのこと。

 

 

本症例では。。。

痛みは自然に改善したため、今回は手術はしない方向に。

今後症状を繰り返したら、腹腔鏡 or 回復で正中弓状靭帯切開をしたほうが良いかもしれない。