コミュニティホスピタリスト@東京城東  

総合内科と家庭医療を融合させたコミュニティホスピタリストを目指しています!!!

陶山先生カンファ 2017年2月3日

 

先週は、陶山先生のカンファレンスがありました!!

PMRで治療後、血沈は陰性化しているが一時的に肩の痛みを訴えMRI撮像したところ、肩峰下滑液包炎の所見が! ⇒症状は乏しくても画像上は明らかな滑液包炎。経過観察でも良いかなと思ったのですが、肩関節のステロイド局注でよいと迷いなくご指摘。rheumatologistさすがです。

 

もうひと症例ご相談したのは、30台前半男性の腰痛。4年前からあった腰痛が増悪したため来院。

最初はただの腰痛症だろうと思っていたのですが。。 夜間~朝に増悪する腰痛で、運動で改善し、日内変動する痛み。。 といえばあれですね。

 

 

強直性脊椎炎です。

以前城東病院ブログでもまとめました。

jyoutoubyouinsougounaika.hatenablog.com

 

L4あたりに叩打痛があり、仙腸関節の圧痛も有りました。

レントゲンでは明らかな所見なし。

アキレス腱や末梢関節の異常はなかったものの、病歴が典型的すぎでした。

 

病歴に関しては高岸先生のブログに載っていました。非常に勉強になるので、皆様是非御覧ください。

Hospitalist ~病院総合診療医~: 炎症性背部痛の評価

 

仙腸関節MRIで明らかな異常なし。

L4椎体が少しSTIRで光っているようにみえるけど。。悩ましい。

陶山先生に見ていただいたところ、これは有意所見だとご指摘。

強直性脊椎炎のMRIの異常は脊椎の端から始まるとのこと。

f:id:jyoutoubyouinsougounaika:20170206203614p:plain

たしかにNEJMのレビューの画像を見ても、脊椎の角に異常信号を認めます(J)

 

治療はNSAIDS。ただ次の選択肢は抗TNFα抗体。

治療がうまくいけば人生が変わる疾患なので、rheumatorogistが診るべきと。

今回も勉強になりました。

陶山先生ありがとうございました。