読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

城東病院総合内科 ブログ

東京城東病院総合内科の非公式ブログです!

城東病院の人工呼吸器について

●1本回路と 2本回路の違いについて

 

f:id:jyoutoubyouinsougounaika:20161208090154p:plain

1本回路(当院はTorilogy)

f:id:jyoutoubyouinsougounaika:20161208090244p:plain

 

2本回路(当院はMT60)

f:id:jyoutoubyouinsougounaika:20161208090226p:plain

f:id:jyoutoubyouinsougounaika:20161208090234p:plain

 

 

1本回路は閉鎖回路ではない。よって呼気ポートが必要。

2本回路は閉鎖回路。

1本回路は簡便。搬送が楽。組み立ても非常に楽。

人工鼻は呼気の水分をトラップし、吸気時に加湿する

しかし1本回路は酸素消費量が多すぎ、さらにTVも不正確

つまり1本回路は長期の人工呼吸器管理には向かない

1本回路はNIPPV向き(Torilogy

2本回路は人工呼吸器向き

 

 

NIVのマスクは穴(安全弁)が開いているタイプと空いていないタイプがある。

 

●安全弁がついてないタイプ

f:id:jyoutoubyouinsougounaika:20161208090136p:plain

 

 

安全弁がついているタイプは2本回路では使えない(穴が開いているから閉鎖回路には向かない)→つまり呼気が完治できなくなりアラームが鳴ってしまう。

1本回路(Torilogy)はどちらのマスクでも使用可能

 

●ウォータートラップ

加湿器の近位部に装着する。一番下になるように調節する。なければ、回路に水が溜まってしまい窒息する。

人工鼻と違い、しっかり加湿出来るので痰を吸いたいときや長期管理に向いている。

 

●エアロチャンバーについて

人工呼吸器の回路に連結する。エアゾールタイプの吸入薬を投与する。アトロベント(SAMA)とアイロミール(SABA)

出来るだけ患者さんに近いところで、呼気回路に回収されないところに装着する