読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

城東病院総合内科 ブログ

東京城東病院総合内科の非公式ブログです!

高Ca血症について

f:id:jyoutoubyouinsougounaika:20161115085254p:plain

本日はスタッフ本橋の高Ca血症のレクチャーでした!

教科書的には、副甲状腺機能亢進および悪性腫瘍が一番多い。

しかし、実際にはビタミンDが最も多い。次が悪性腫瘍、副甲状腺機能亢進症は稀。

 

まずは薬剤をチェック。活性型ビタミンDが何より大切。

日本の活性型ビタミンDは量が多い。アルファカルシドール1μgは多い印象。

高齢者、腎機能障害は特にリスク。

さらにMgやCaを併用すれば、リスクが高くなる。

 

Caが高ければ必ずPをチェック。Pが低下していればインタクトPTHおよびPTHrpをチェック。

全例でPTH,PTHrpはチェックしなくても良いかもしれない。

 

活性型ビタミンDやカルシウムを内服していればまずは生理食塩水で治療。

それで数日で正常になれば、薬剤性と言える。しかし、それでもCa高値が継続すれば他の原因をチェック。

原因が分からなければ、全身疾患で肉芽腫性疾患をチェック。

 

 

 

 

 

広告を非表示にする