読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

城東病院総合内科 ブログ

東京城東病院総合内科の非公式ブログです!

消化管穿孔のレクチャー

f:id:jyoutoubyouinsougounaika:20161004090330p:plain

・消化管穿孔の診断には腹部Xpより胸部Xpのほうが感度が良い。

・当然もっとも感度がいいのは腹部CT。 ウインドウを広げてairをチェック。

・若い人の消化管穿孔(上部)ではNSAIDS潰瘍が圧倒的に多い。

・NSAIDS以外にステロイド胃潰瘍のリスク。

・他に胃癌も上部消化管穿孔のリスク。

・上部消化管穿孔の初期マネージメント。PPI、抗菌薬(ABPC/SBT)、胃管、輸液

・上部は絶食+胃管+PPIで保存的に治療できることも。

 

・高齢者の下部消化管穿孔では、癌・浣腸・虚血が多い。

・高齢者の浣腸は穿孔リスクであり可能な限り避けるべき。

・癌に伴う消化管穿孔は非常に症状が分かりにくい。

・下部消化管穿孔はエンドトキシンショックを起こす。sepsisに準じた大量補液、抗菌薬±PPI。上部か下部かは分からないことが多い PPIはルーチンに行っても良い。抗菌薬は下部が疑わしい場合はMEPMやPIPC/TAZなど。

 

・free airがあっても特発性腸管壁気腫ということもある。違いは痛みがあるかどうか。

腸管壁気腫、嚢状腸管壁気腫のCT画像診断 | 画像診断まとめ