城東病院総合内科 ブログ

東京城東病院総合内科の非公式ブログです!

FDに対するアコファイドの効果について

FDに対するアコチアミドの効果

チェックシートは下記より引用

EBM資料集−はじめてシート [The SPELL]

 

1.論文のPICOは何か?


P :FDの患者
I  :アコチアミドの内服
C    :プラセボ
O    :FDの症状改善

 

 

2.全ての研究を網羅的に集めようと努力したか?

 

①データベースは? 

f:id:jyoutoubyouinsougounaika:20160927182408p:plain

②検索語(                    

f:id:jyoutoubyouinsougounaika:20160927182415p:plain

③どのような種類の研究を調べたか? 

RCTを調べている。

被ったり生データがないものは除外

 

④参考文献まで調べたか? 

参考文献までは調べていない模様。

 

⑤個々の研究者や専門家に連絡を取ったか? 

連絡は取っていない模様。

 

⑥出版されていない研究も探したか? 

⇒出版されていない研究も探している

 

⑦同じ研究が複数報告されていないか? 

⇒排除されている

 

 

⑧英語以外で書かれた研究も探したか? 


あらゆる言語でさがしている。

 

 

3.全ての研究が網羅的に集められたか?

ファンネルプロットを用いて出版バイアスを調べている。

f:id:jyoutoubyouinsougounaika:20160927182525p:plain

⇒出版バイアスはなさそう。

 

4.集められた研究は,複数の評価者によって評価されたか?


2人の評価者が個別に評価している。
一致しない場合は3人目も評価


5.集められた研究は,明確な基準をもって妥当性を評価されたか?

 

○ Jadad scoreで評価している

 

6.集められた研究の異質性 heterogeneityは検討されたか?

 

検討されている

 

7.結果は統合されたか( Meta-analysis)?

 

①最終的に何件の研究が残り,採用されたか?

 

  RCT(6)件が残り採用された。

f:id:jyoutoubyouinsougounaika:20160927182602p:plain

②集められた研究の結果は統合されたか?

 

○ Fixed effect modelを使用して統合されている

 

8.結果の評価(PICO毎に評価)


①統合された結果に有意差があるか? 

 

f:id:jyoutoubyouinsougounaika:20160927182622p:plain

信頼区間は100mg~600mgで1をまたいでおらず、効果ありそう。

カイ二乗検定も検討されており異質性も問題になるほどではない。

 

 

副作用もそれほど有意なものはないか

f:id:jyoutoubyouinsougounaika:20160927183216p:plain

 

 

結論
結果は良さそう。
妥当性も問題なさそう。
アコチアミドはFDの改善に使えそうな印象。
副作用もそれほど目立ったものはないか。