城東病院総合内科 ブログ

東京城東病院総合内科の非公式ブログです!

根本先生感染症(抗菌薬)レクチャー 

本日は総合内科内科の、元医局長の根本先生に感染症(抗菌薬)レクチャーをして頂きました!!
大変、勉強になりました。
根本先生ありがとうございました!!
 
 
〇アミノグリコシド
GNRへの特効薬。
緑膿菌にも効果的だがGPCには効かない。
特に尿路感染で効果的
1日1回投与が原則
副作用は腎毒性があるが、短期間では問題にならない。
ガチの腸球菌菌血症ではシナジー効果を狙い、ペニシリンと必ず併用する、この場合の使い方は1日に何回かに分ける。シナジー効果により腸球菌にも殺菌的に作用
アミノグリコシドを速い速度でIVすると、神経筋ブロックが起こりうるため注意⇒治療はカルチコール
ただし酸性環境には弱いので膿には使えない
逆にメトロニダゾールは酸性環境に強く、膿にも強い
 
〇アズトレオナム
アレルギーが起こりにくいのが特徴。
GPCカバーは全くない。
緑膿菌をたたきたいけどアレルギーが問題になる時に使用。
 
いわずとしれたMRSAの第1選択
ただし、最近はMICが上がってきていて、効きにくくなっている。
MICが2以上ならバンコマイシンでは厳しいかもしれない。
MICが1以上なら、トラフは15~20を維持。
トラフが20を超えたら、腎毒性が問題に。
バンコマイシンの腎毒性は利尿薬、アミノグリコシド、造影剤との併用でさらに悪化する。
 
〇ダプトマイシン
殺菌性。
MICが高い時にバンコマイシンの代替薬となり得る。
ただし肺炎には使えない。
 
〇リネゾリド
とにかく高価な薬。
静菌性であり効果も弱い。
さらに骨髄抑制も必発で副作用も多い。
VREにしか適応はない・・