読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

城東病院総合内科 ブログ

東京城東病院総合内科の非公式ブログです!

帯状疱疹について 治療

帯状疱疹の抗ウイルス治療

・免疫不全者では全例、抗ウイルス療法の適応となる。

・免疫正常者では、50歳以上、中~重度の痛み、重度の発疹、顔面・眼が侵されている時、帯状疱疹の合併症を起こしている時は抗ウイルス療法の適応となる。 N Engl J Med 2013; 369:255-263

・アシクロビルの効果を検証したRCTでは、皮疹発症後72時間以内の投与で、より早期の水泡消失及び疼痛の改善傾向が示唆された。Br Med J (Clin Res Ed). 1986 Dec 13;293(6561):1529-32.

・皮疹発症後72時間以降の効果は不明瞭だが,皮疹が新規に出現したり、帯状疱疹の合併症があれば投与が推奨される。  N Engl J Med 2013; 369:255-263

・経口のバラシクロビルとファムシクロビルは少なくとも経口のアシクロビルと同等の効果があり、血中濃度も安定するために好まれる。 J Clin Virol. 2004;29(4):248.  Arch Fam Med. 2000 Sep;9(9):863-9.

・免疫不全がある場合や重度の眼科・神経合併症がある場合はアシクロビルの点滴を行う。

・ラムゼイハント症候群や血管炎、急性網膜壊死をきたした場合はステロイドを抗ウイルス薬に併用するが、ルーチンには使用しない。

・急性期の疼痛コントロールは軽~中等症の痛みに関してはアセトアミノフェンもしくはNSAIDSの定期内服を使用する。

・急性期の重度の疼痛に関してはオピオイドが有効である。Pain. 2009 Apr;142(3):209-17.

・抗ウイルス薬を使用する場合は腎機能を必ずチェックする。抗ウイルス薬の過量投与による脳症を防ぐために腎機能に応じた調整が必要である。

 

内服治療

バルトレックス 1回 1000㎎、1日3回毎食後、7日間

ファムビル 1回 500㎎、1日3回毎食後、7日間 

 

点滴治療

アシクロビル10mg/kg 1日3回 点滴 7-14日間投与