読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

城東病院総合内科 ブログ

東京城東病院総合内科の非公式ブログです!

Case 22-2016: A 65-Year-Old Man with Syncope, Dyspnea, and Leg Edema

f:id:jyoutoubyouinsougounaika:20160723231456p:plain

ネタバレ注意

 

 

65歳男性。 徐々に呼吸苦と下腿浮腫出現。失神して来院。

JVD++ C-V wave あり。 ejection murmur+pan systoric murmur

 

ここまでは心不全の病歴。特にTRが疑われ、右心不全が疑われる。

 

ただ、おかしいのは顎下リンパ節が腫れていて、さらに縦隔リンパ節も腫れている。

 

CTでは、lung edema著明

 

エコーでは心肥大著明。 TRとMRあり。

 

さらに除脈

 

First impressionはサルコイドーシス。普通の心不全だけでは、縦隔リンパ節腫脹説明できない。除脈を伴う心病変も当てはまるし、変な縦隔リンパ節腫脹も説明できる。

ただしACEは陰性

 

リンパ腫が鑑別。これは分かるが、ちょっと心病変強い。

Castele manも鑑別に挙がると。ここは勉強になった。確かに挙がるかもしれない。ただ、いまいち当てはまらないところも多い。心病変も、説明できない。

 

結局、リンパ節生検査でサルコイドーシス。

ACE-I内服しており、ACEは偽陰性⇒ここは、へーって感じで勉強になった。

サルコイドーシスで右心不全をきたすこともあるとのこと。