読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

城東病院総合内科 ブログ

東京城東病院総合内科の非公式ブログです!

東京城東病院総合内科 平成29年度スタッフ募集

【東京城東病院総合内科 平成29年度スタッフ募集】

 

JCHO東京城東病院 日本版ホスピタリスト養成プログラム

一緒に、日本版ホスピタリストを目指す総合内科スタッフを募集します。

 

我々のミッションとビジョンは以下の通りです。

 

○ミッション
総合内科(GIM)に家庭医療を融合させた小規模病院における病院総合診療医(日本版ホスピタリスト)のロールモデルを提示する。

 
○ビジョン
・幅広い医学的知識をベースとしつつ全人的医療を行う。
・地域包括ケアにおける中心的役割を担い、地域に貢献する。
・地域の高齢者が健やかに過ごせるように、急性期~慢性期まで切れ目のない医療を提供する。
・近隣の急性期病院並びに診療所と積極的に連携をすすめる。
・根拠に基づいた医療を実践し、病院経営に貢献する。

 

f:id:jyoutoubyouinsougounaika:20161114143746p:plain

 

〇病棟指導

元々は洛和会音羽病院および丸太町病院のスタッフが在籍しているので、洛和会をベースとしたチーム制の病棟総合内科体制を行っています。

スタッフの先生にはチームリーダーとして教育および指導に専念していただくことが出来ます。

 

 

〇外来指導

外来診療を重視しているのもこのプログラムの特徴です。スタッフは一定期間外来ローテーションを行います。

外来では午前中の初診外来の指導をしていただきます。後期研修医への外来フィードバックに専念していただきます。

また後期研修医は継続外来もしているので、そちらに関してもEBMや家庭医療の視点でフィードバックをしていただく予定にしています。

 

 

〇病院での家庭医療の実践

病院での困難症例に関しては多職種で臨床倫理カンファレンスを行うなど病院での家庭医療の実践についても注力しています。

当科の松本は家庭医療指導医で、チーフの森川と共同編集幹事として南山堂の特集を企画しました。

診療所ではなく病院での家庭医療の実践を行うことが可能です。家庭医療プログラムも開始しているので、レジデントデイも月1回実施し、ポートフォリオの指導も行う予定です。 

f:id:jyoutoubyouinsougounaika:20161107131408p:plain

 

 

〇魅力的なカンファレンスや教育回診

教育カンファレンスを頻繁に行っています。
EBMの基礎を学ぶジャーナルクラブ、知識のブラッシュアップをするマニュアルカンファレンス、臨床推論カンファレンス、コアレクチャー、ジャーナル流し読みなど豊富なカンファレンスを行っています。 カンファレンスは発展途中なので、新しい提案は積極的に受け入れていく予定にしています。

さらに、青木眞先生、徳田安春先生、山中克郎先生、志水太郎先生、上田剛士先生、坂本壮先生など著名な院外講師の招聘を多数行っています。

感染症に関しては根本 隆章先生、膠原病に関しては陶山 恭博先生と一流の専門医を招いてカンファレンスを定期的に行っています。

なお、代表的な電子教科書であるUp to Dateを無料で使用することが出来ます!!

 臨床研究も希望があれば当院の副院長(元自治医大腎臓内科教授)の指導の下行うことも可能です。

 

〇 QOLの確保

日常業務は後期研修医や診療看護師が行ってくれるので、スタッフには時間的な余裕があります。その時間を自分自身の勉強や院外活動に充てることが出来ます。

さらに週1回半休があるので、ご家族がいらっしゃる先生も家族との時間を作ることが出来ると思います。

 

〇 当院に向いている先生

幅広くコモンディジーズを中心とした病棟診療を行いたい。

病棟だけでなく外来もしっかりと指導したいと思っている。 

フロンティア精神があり新しいことをやっていきたい。 

病院での家庭医療を実践したい。

 

 

 

何はともあれ、一度見学をしていただければと考えています。

 

 

応募資格 平成29年4月1日時点で卒後6年目以上となる医師

(病院総合診療・家庭医療の経験がある方が望ましいが、内科の資格があればOK)

見学だけでも大丈夫ですので、気軽においでください。

見学希望の方は jotosec@gmail.com まで【見学希望】と題名に書いて、名前、所属、医師年数、経歴を銘記してメールをしていただければと幸いです

 

 f:id:jyoutoubyouinsougounaika:20160712133000j:plain