読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

城東病院総合内科 ブログ

東京城東病院総合内科の非公式ブログです!

陶山先生カンファ 2017年2月3日

先週は、陶山先生のカンファレンスがありました!! PMRで治療後、血沈は陰性化しているが一時的に肩の痛みを訴えMRI撮像したところ、肩峰下滑液包炎の所見が! ⇒症状は乏しくても画像上は明らかな滑液包炎。経過観察でも良いかなと思ったのですが、肩関節の…

腸管ベーチェットのレビュー

http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC4385527/ 稀な疾患で10万人当たり、7.5-13人 致死的になり得る合併症 通常、口腔病変発症後4.5-6年で発症する 主な症状は、腹痛、嘔吐、下痢、消化管出血 回盲部病変が一番多い。 〇食道病変 食道病変は一般的…

CPPD陶山Dr

CPPDの歴史 ・1960年に痛風患者の関節液からMSUを発見 ・1960年代のlancetのstudy。人と犬の関節液にMSU関節液を注射⇒失神しそうになり代替前面に発赤・腫脹。 ・1962年のstudy⇒結晶の解析で痛風と偽痛風が鑑別。 CPPDの分類 関節炎なし 関節炎あり⇒Acute Ch…

血性関節液の原因について

血性関節液を呈した偽痛風の症例を経験しました。 血性関節液の原因についてまとめました。 ①外傷 ・医原性 ・骨折 ・骨折を伴わない外傷性 ②凝固障害 ・薬剤性 ・先天性凝固障害 ・後天性凝固障害 ・壊血病 ③神経性 シャルコー関節 ④腫瘍 滑膜腫瘍 ⑤血管の…